軽自動車からコンパクトカーに乗り換えたときに感じる違いとメリットを比較

マイカー通勤の人って軽自動車乗ってるかた多いですよね。

1台の軽自動車で通勤も日常生活の移動も全て使っているかたにお聞きしたいのですが、軽自動車って最近良くなってきましたが、それでもちょっと窮屈じゃないですか?

でも維持費が安いから軽自動車は譲れないってかた多いですよね?

確かに税金や保険料は比較的安いですが、燃料代なども含めた維持費ってイマイチ分からないことないですか?

そのイマイチ分かりにくい金額を少し負担するだけで実は、コンパクトカーのワンランク快適な乗り心地を手に入れることができるんです。

今回は、軽自動車からコンパクトカーに乗り換えたときに感じる違いやメリットをまとめてみました。

軽自動車からコンパクトカーに乗り換えたときの違いやメリット

まず最初に結果から良いますと、

維持費や使い勝手を含めたトータル面ではコンパクトカーがおすすめです!

うちのサイトがコンパクトカーの活用サイトだからえこひいきなんじゃないかと思われていることかと思います(笑)でも実際考えてみたらそうなんです。

この記事をみてもらって本当におすすめなのかどうか、1点づつ比較してみましょう。

■車の下取りで楽天の車査定が今一番お得な理由⇒ 参考:愛車を高く売りたいなら楽天で! もれなく楽天ポイントもらえる!
関連記事はこちら

Contents

車両価格はコンパクトカーが安くておすすめ

まずは車両価格からみてみましょう。最近の軽自動車はボディーサイズが大きくなって本当に軽自動車かよっ!って思えるくらい普通車に負けないくらいの充実した装備があってコンパクトカーに引けをとりません。

ホンダのNシリーズとかダイハツのタントカスタムなどがまさにその先駆者ですよね。今時の軽自動車はコンパクトカーとの値差はあるのでしょうか?

では、価格を見てみましょう!

コンパクトカーの車両価格

価格査定兄ちゃんA
コンパクトカーで人気車種を3車種ピックアップしました。今回はハイブリッドモデルや特別仕様車は除いています。

マツダ・デミオ:約135万円

ホンダ・フィット:約129万円

日産・ノート:約147万円

軽自動車の車両価格

価格査定兄ちゃんB
依然として軽自動車はトールワゴンタイプが人気です。

スズキ・ハスラー:約107万円

ダイハツ・ウェイク:約135万円

ホンダ・N-WGN:約138万円

軽自動車は値段に強気、コンパクトカーは値引きに柔軟

軽自動車めちゃくちゃ高くなりましたよね。ひと昔前では、車両価格もとても安かったのですが、近年では性能や快適性・スタイリングも重視されているので、普通車に負けないくらい強気な価格設定です。軽自動車はディーラーの営業マンはそれでも売れるのが分かっているから全然割引してくれません

これに対して、コンパクトカーは今も昔も変わらず100万円~180万円あたりの価格帯をうろうろしています。コンパクトカーを新車を買うときは決算期などを狙うと結構値引きに応じてくれてオプションの付け方などによっては最大で20万くらい値引きしてくれたりするときがあるので結果的に安く買えたりするんですよね。

中古車相場だってそうです。軽自動車は値段が下がりにくいのに対してコンパクトカーは値落ちが大きいので乗りつぶすつもりなら断然コンパクトカーにメリットがあります。上手く選べば同年式・同走行距離の軽自動車の半額以下くらいでコンパクトカーが手に入ることだってあるんです。

コンパクトカー,おすすめコンパクトカーを最安値で買うなら新車は決算期の値引きを狙う!中古車は低走行の特選車を探す!

毎日使うコンパクトカーなら新車の場合は決算期の値引きを狙ってガンガン値引き交渉をする。

中古車の場合は、コンパクトカーのほうが値落ちが大きいので軽自動車よりも間違いなく安く買うことができます。また、低走行車・特選中古車(特価で販売されている車)が多いのも特徴です。

じつは、これだけで軽自動車から乗り換えた時に高くなった自動車保険料と税金の金額を取り返せるほどの安値で買うことが可能なんです。

燃費はトータル面でコンパクトカーのほうが良い

排気量660ccの小排気量&軽量な車重で燃費の良さを発揮する軽自動車と、1,000cc~1500ccのコンパクトな心臓部にスカイアクティブテクノロジーや、ハイブリッドシステムをはじめ様々な最新エンジン技術を詰め込んで驚きの低燃費を発揮するコンパクトカー。

燃費面ではどちらに軍配が上がるでしょうか?では、見ていきましょう!

コンパクトカーの燃費

燃費計算大好きAさん
クリーンディーゼル車やハイブリッド車の場合、燃費比較ができなくなるので普通のガソリン車・FF車で比較してみます。

マツダ・デミオ:約26.4km/L

ホンダ・フィット:約26.0km/L

日産・ノート:約26.8km/L

※ちなみにクリーンディーゼルや車、ハイブリッド車に、各種低燃費eco車になると+10km/Lくらいを実現します。

軽自動車の燃費

燃費計算大好きB さん
軽自動車の低燃費システムについてはSエネチャージを筆頭に今後大きく飛躍しそうな予感がしますよね。今現在の最新車種でどれくらいの燃費なのでしょうか。

スズキ・ハスラー:約32.0km/L

ダイハツ・ウェイク:約25.4km/L

ホンダ・N-WGN:約29.4km/L

数値的には軽自動車、燃費にムラがないのがコンパクトカー

燃費は数値的にみると実際の違いはあまりないですよね?ちょっと軽自動車のほうが良いくらいです。

でも実際乗ったときは、コンパクトカーのほうが燃費が良いように感じたことってありませんか?その直感当たってます。その理由は日本の道はまっすぐで平坦な道ばかりじゃないからなんです。

軽自動車は馬力やトルク面が不足しているので、どうしてもアクセルを踏む量も増えてエンジン回転数も高めになることが多いです。そのため路面状況や坂道上り・高速道路などではコンパクトカーのほうが燃費が良くなることが多いです。ちなみに軽自動車のターボ車にするという選択肢がありますが、燃費がコンパクトカーよりも悪くなります。

コンパクトカー,おすすめストップ&ゴーが多い通勤、日常の足ではコンパクトカーが断然おすすめ

通勤時の朝の渋滞や、お買い物時に通る道の信号待ちなど止まる・走るが多い道では、軽自動車は発信のたびに必要以上のエンジンの高回転を使います。

NA車などの非力な車種だとまるで悲鳴を上げているかのようなギイイイー!とした不快な走りをします。また、乗車人数が増えれば増えるほど顕著に表れますよね。

そんなときコンパクトカーならではの多少余裕を見せた走りは、不快な振動を発生させずに快適な加速で、無理のないドライビングが可能なんです。このストレスの緩和で毎日のお仕事や家事がますます捗ること間違いなしです。

自動車保険料&税金で上がった維持費を車両代&燃費で相殺+αすることも可能なんです!

軽自動車からコンパクトカーに乗り換えることで値上がりすることといえば

  • 自動車保険(各社任意保険・自賠責保険)
  • 税金(自動車税・重量税)

ですよね?これらは高めに見積もると、年間5万円くらいの差が出ます

これらを車両価格の新車値引き分・中古車の値落ち額との差額で計算すると、4年分くらいは相殺できることもあるので買い方によってはトータルの出費としてはあまり変わらないことが多いんです。

費用面でそれほど影響がないことが分かれば、コンパクトカーの魅力はさらに高まりますよね!では次に、軽自動車からコンパクトカーに乗り換えたときに感じた乗り心地での違いやメリットをご紹介したいと思います。

車内の居住性がまるで違う!

軽自動車からコンパクトカー(1,000cc~1,500cc未満)になると最大乗車定員が4名から5名になります(一部車種除く)。まずこれが第一の違いですよね。でもこれだけではありません。どんどん見ていきましょう!

車幅が広くなるので、ゆったり乗れる

よく町中で100kgくらいの太った人や、身長の高い人がすごく窮屈そうにはちきれんばかりのギューギュー詰めで軽自動車に乗っていることってありませんか?車体と身体がすごくアンバランスでちょっと笑ってしまうようなことってたまにありますよね?

あれは、軽自動車の車幅が狭いから座席に余裕がなくてそうなっています。外国車のシートをみると外国人の身体に合わせて日本車よりも若干幅広に作ってあるくらいですから、『幅』と『居住性』は大きく関係しています。

軽自動車は車幅の規格に限界があるので、広くしようと思うとハイルーフにしたりカーゴスペースを狭くしたりするくらいしか居住空間を広めることはできないので、横の窮屈さは改善できないんです。

コンパクトカーのサイズなら大きな身体の人も快適にゆったり座ることができます。

静粛性は軽自動車と段違いに良い

タイヤの路面摩擦音や、高速道路の風切り音などは激減します。

箱型のタイプが多い軽自動車とくらべてコンパクトカーはたまご型のモデルが多いので、形状も多少影響しているのだと思いますが、ボディの分厚さや防音性もコンパクトカーのほうがはるかに静かで変なジャダ―音なども聞こえにくくて快適です。

 

コンパクトカー,おすすめゆったりストレスフリーな車内で快適通勤、快適な休日レジャーを過ごすならまちがいなくコンパクトカー

ゆったりしたフィット感と幅広シートは普通車であるコンパクトカーならではのもの。毎朝の眠たい目をこすりながらの通勤ではなかなか知らず知らずになりがちな路面摩擦音も静かになれば素晴らしいほどの快適通勤を実現してくれます。

運転するだけで肩こりになっていた人も、コンパクトカーにすることでリラックスした身体を維持しやすいので、会社に着いてからの仕事に力が入ります!

高いボディ剛性でもしもの事故にも安心

コンパクトカーは軽自動車と比べて強度のあるフレームと形状を採用していてボディ剛性が高いです。また運転席前方のエンジンスペースも大きいので、前方からの衝撃にも大変強く、ドアも分厚いため軽自動車のようにペシャンコになりにくいです。

また、最近では衝突軽減ブレーキを搭載したコンパクトカーも増えているのでより安全性が高いです。

日本車はサイドエアバック・カーテンエアバックの搭載率が低いからこそのコンパクトカー

日本車はなぜかエアバックを嫌い、ボディフレームでの事故衝撃を緩和させる設計指向があるので、サイドエアバックやカーテンエアバックはオプション扱いになっているか、元々設定がない車種もあるくらいなんです。

そうなると軽自動車ではやはり不安です。コンパクトカーは小さいといっても普通車の部類に入るものなので、フレーム剛性や衝撃吸収能力も高く、もしもの時に安心です。

ホイールベースが長い、タイヤサイズが大きいことによる安定性の高さが快適な操作性を生み出す

コンパクトカーにすると、ホイールベースが長くなることで直進性が良くなります。またタイヤサイズも大きくなるので接地面が広がってよりふらつきが少なくしっかり路面をとらえてくれるので、安定したドライビングが可能です。

コンパクトカー,おすすめ毎日乗るからこその高い安全性と安定性で命を守ることは大切なんです

お仕事や日常の足として様々なシチュエーションで使うことになるからこそ万一に備えた高い安全性と安定性は車選びの重要なポイントになってきます。

通勤で毎日乗られるかたは、いつ何時に事故合うかわかりません。車通勤のかたならご存じだと思いますが、通勤ラッシュ時には車対車、車対バイク、車対人の自己が多発しています。片道20分くらいの通勤経路でも毎日があるんじゃないかというくらいですよね。

通勤時のドライバーは皆さん気持ちに余裕がありません。万一の不注意で事故でも起こして大怪我して仕事にいけなくなったなんてことが絶対ないように少しでも安全性の高いコンパクトカーにする意味があります。

他に、季節によっては雷雨の続く日が続いて路面が滑りやすくなったり、冬の積雪シーズンに通勤しないといけないこともありますよね。そんなときも安定性や安全性はとても大切ですね。

通勤以外にも主婦の皆さんがお買い物にいかれるときなどお子様を載せられる時があるかと思います。そのようなシチュエーションでもやはり軽自動車よりはコンパクトカーがおすすめです。

実は中古車はキャンペーンを使わないと値引きが難しいってご存知ですか?

毎月更新!!

中古車の値引きキャンペーン各社情報に関する記事はこちら

コンパクトカーに乗り換えた人のレビュー

コンパクトカーに乗り換えた人のレビュー
9

乗り換えて満足している

10.0 /10

乗り心地がよくなった

9.0 /10

燃費が良くなった

8.0 /10

子供を乗せるなら軽より安全

10.0 /10

維持費が安くなった

8.0 /10

Pros

  • ゆったり乗れる
  • ロードノイズが少ない
  • 安全性が高い
  • ハイブリッドやクリーンディーゼルが魅力
  • いろんなボディ形状がある

Cons

  • 軽に比べてトールワゴンが少ない
  • 人気車は予約待ちのときがある
ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれているかもしれません。

どこも車屋さんも安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :50万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

▼▼今ならダブルチャンスキャンペーンでさらにお得!!▼▼
愛車を高く売りたいなら楽天で! もれなく5千ポイントもらえる!

コンパクトカーに乗り換えた人のレビュー

コンパクトカーに乗り換えた人のレビュー
9

乗り換えて満足している

10.0 /10

乗り心地がよくなった

9.0 /10

燃費が良くなった

8.0 /10

子供を乗せるなら軽より安全

10.0 /10

維持費が安くなった

8.0 /10

Pros

  • ゆったり乗れる
  • ロードノイズが少ない
  • 安全性が高い
  • ハイブリッドやクリーンディーゼルが魅力
  • いろんなボディ形状がある

Cons

  • 軽に比べてトールワゴンが少ない
  • 人気車は予約待ちのときがある

関連記事

売りかた次第で10万円も差が出る!?デミオの買取査定で頑張ってみた結果

ホンダ・フィット13Gが買取査定で最高額89万円で売れた方法

【50万以下で買える】コンパクトカーのおすすめ中古車を車種別で比較!!

車査定の特典キャンペーンで一番お得なのはどこ!?現金10万円キャッシュバックに関...

マツダ・デミオの未使用車を購入!新車との違いやメリット・デメリットを詳しく解説!...

コンパクトカーのおすすめ未使用車専門店はあるの?軽と比べて少ない理由