カーセンサーの中古車アクアは燃費の違いやデメリットがあるの?新車と比較してみました!!


コンパクトカーの中でも人気のハイブリッドモデル、トヨタ・アクア。カーセンサーに中古車がたくさん売っているけどデメリットとかあるの?

手軽に乗れて使い勝手の良いコンパクトカーだけに中古車で安くお得に買って家計の負担も減らせたらベストですよね。

でもアクアはハイブリッド車なので、中古で購入するとバッテリーが弱っていたり、複雑な部品がいっぱいついているだけに故障すると修理代も高額になりそうで、安くかってもランニングコストが高くついてしまって、後々損しないか心配ですよね?

実際にカーセンサーで購入した平成25年式の中古のアクアで検証してみたところ新車と比較しても燃費の違いやデメリットは少ないことが分かりました!!

関連記事はこちら



カーセンサーで購入した中古車のトヨタ・アクアで実際に燃費を計測してみました

アクア大好きさん
100万円前半で低走行なハイブリッドカーに乗れるのはトヨタ。アクアならではのメリットです!!

今回、カーセンサーで実際に掲載されている中古車のトヨタ・アクアはこちらです。

アクアのスポーティーなボディ形状に生えるブルー色が特徴的で、3万キロ近く走行しているのにスリ傷や洗車傷も少なく、程度の良いアクアでした。

今回、検証するトヨタ・アクアの中古車スペックです。

  • 年式:2013年(平成25年式)
  • 走行距離:32,088km
  • 車検:2018年(平成30年)10月まで、初回の車検は完了しています
  • 車両価格:124万円(乗り出し価格:130万円)
  • ワンオーナー

3年落ちで、走行3万kmなので年間1万km走っています。

走りすぎというわけでもなく適度に乗られていて、しかも綺麗にメンテナンスされている前のオーナーが几帳面だったからなのか、パッとみた感じ新車並みで130万とわりと安い値段で買えたので購入して大変満足しています。

走行距離もデジタルメーター読みで32,088kmです。内装もとても綺麗でデジタルメーターはパネルに傷が入りやすいのですが、このアクアはとても綺麗で購入動機のひとつです。

中古のハイブリッド車はバッテリーが弱っていて燃費が悪いと悪い口コミが多いので心配

アクア大好きさん
中古のアクアはバッテリーが弱ってるという口コミを聞きましたが、実は燃費の違いはそれほど感じられませんでした。

中古のトヨタ・アクアを購入するときに一番気になるのはやはりハイブリッドバッテリーの劣化です。スマホのバッテリーだって何回も充電していれば1年もしない間に弱ってきてバッテリーの持ちが悪くなりますよね?

ハイブリッド車は減速時にこまめに充電しているので、頻繁に乗ってたらそれだけハイブリットバッテリーが弱ってしまって燃費が悪くなるんじゃないかって心配になりますよね?

実際に価格.comのレビューでも、燃費が購入から3年で5km/lくらい悪くなったとかバッテリーがうまく充電していない気がするとか悪い口コミがとても多いです。

だから、今回は実際に私が運転して試してみることにしました。

大阪・新御堂筋を往復して燃費を計測してみました

アクア大好きさん
信号がない道路なので、燃費計測には最適なんです!!

ということで、実際に大阪でも有名な一般道『新御堂筋』で検証してみます。

一般道ですが、高架を走るため信号がなく渋滞もそんなに醜くない時間帯を狙って計測しました。区間は新大阪~イオンモール箕面までを2往復します。

片道12.6kmなので、2往復で50.4km。

約50kmの道のりを平均時速60km/h目標で燃費を計測しました。

実際に走って燃費計測した結果は?

大阪の市街地から、箕面の山麓までを快適に運転して2往復。

私は、新御堂のストレートで運転しやすい道と都会から田舎まで一直線に感じられる雰囲気がとても好きなので、計測しているときもとても楽しかったです。

トヨタ・アクアはコンパクトカーのなかでもトップクラスの静粛性なので運転していてとても快適でした。

前置きが長くなりましたが、中古のアクアで走った結果は、リッターあたり23.5km/lでした。

トヨタ・アクアはじめコンパクトハイブリッドはメーターのディスプレイの表示切替で簡単に燃費計測できるのでとても便利です。

走行距離3万km以内の中古車であれば、新車との燃費の違いはなく、むしろおすすめ!!

アクア大好きさん
3年落ちくらいなら、質の高い中古車が多くて新車より50万円以上も安く買えるのでとてもお得です!!

トヨタ・アクア新車の燃費は、カタログ上(JC08モード)で37.0km/h

価格.comなど信憑性の高い口コミサイトでの実燃費は、24.0km/hです。実際カタログ上のスペックは実燃費とはほど遠いので、実体験からの情報を参考にしてみます。

その結果、新車の燃費が24.0km/lに対して、

走行距離3万程度の中古アクアの実燃費が23.5km/l

まあ、まずまずではないでしょうか?

中古車でも走行距離3万km以内のものを検索すれば、実燃費は新車と違いがありませんので安心して購入して良いと思います。

今回購入した中古のトヨタ・アクアのように走行距離3万kmで100万円台前半で買えるなら、十分メリットのあるお得な買い物ではないでしょうか。

ハイブリッド車のバッテリー劣化は10万km以上からはじまる

以上のように実際に3万kmのカーセンサーの中古車で買ったトヨタ・アクアの実燃費を新車時の燃費を比較してみましたが、実際に差がないことが分かりました。

では、バッテリーが劣化してきて実際に燃費が悪くなりはじめるのは何万kmからなのか?実際にトヨタ・アクアをu-carランドの買取査定に出した記事にもあるように、コンパクトカーのハイブリッド車に搭載されているハイブリッドバッテリーは10万kmから劣化が現れはじめるというユーザーの感想が多いです。

実際、ハイブリッドバッテリーは出力と充電とを繰り返し行っているもののスマホのバッテリーとは全くことなる高性能なバッテリーのため、10万kmでも劣化を感じさせないバッテリーなので安心しましょう。

中古車だと故障した部品代や修理代が高額になる?

トヨタ・アクアをはじめコンパクトカーにはハイブリッド車は本当に増えてきています。

中古車在庫もどんどん増えているのですが、実際3万km走った中古車なだけ新車よりも部品の消耗がありますよね?複雑な機構をしたトヨタ・アクアのハイブリッド車ですから、故障した場合に部品代や修理代が高くつく印象がありますよね?

でもそれはあくまでも噂なだけで、修理代が高くつくようなことはなく、むしろトヨタ独自の保証がつくしプランが適用になり、実質無料で修理できる場合が多いです。

バッテリーやコンバータ・インバータの交換費用は年々値下がりしている

ハイブリッド車(HV車)が登場した10数年前くらいのときは、バッテリーや・コンバータ・インバータを交換するだけで50万円くらいするボッタクリのような修理費がかかる時期もありましたが、

現在では、修理費やバッテリー代が大きく普及することで最近では20万円以下で交換が可能になっていて実質この10年間で半額くらいの値段になっています。

ハイブリッドエンジンはベルト交換の必要がない

トヨタ・アクアのエンジンはパワステやエアコン・ウォーターポンプなどについているベルトがなく、モーターや電気制御になっているため、定期的なベルト交換の必要がありません

ベルト交換費用は場合によっては工賃が10万円近くもする場合がありますので、ベルトがないと費用もかかりませんし、切れる心配もありませんから安心です。

セルモーターがないので、突然エンストする心配がない

意外と壊れやすいのはセルモーター。壊れるとエンジン始動もできませんし非常に重要な部品で交換工賃も比較的高いです。

トヨタ・アクアの場合は駆動モーターを使ってエンジン始動しているのでセルモーターは付いていませんし、外出先でエンストしてしまって立ち往生してしまう心配がないんでランニングコスト的にも非常に有効です。

トヨタディーラーの保証がつく『保証がつくしプラン』で無償修理できる

トヨタディーラー、トヨタカローラ、ネッツトヨタ、トヨペット全てにおいてディーラー車検を受けたアクアの場合トヨタ独自の保証、『保証がつくプラン』が適用になります。

ちなみに保証がつくプランはエンジンやブレーキ、インバータやハイブリッドバッテリー、ギヤなど駆動系にかかせない部品や修理に保証がきく特別保証となり、初年度登録から最大で7年間の間、ほぼ無料で修理ができます。

中古車のトヨタ・アクアは新車と比較してお買い得だし、燃費も大差ないのでデメリットを感じない!!

トヨタ・アクアを中古車で購入される場合は、走行の多すぎない車両であれば特に大きなランニングコストの差もなく、燃費もあまり変わらず、保証も手厚いです。

150万円以下で程度の良いトヨタ・アクアを見つけることができれば、ぜひ購入して損しないと思いますよ!!

 

▼▼ネット非公開の良質車探しをプロにおまかせ▼▼

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれてしまう場合があります。

車屋さんの心情は安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :55万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

私が実際に高額査定が期待できる買取店を用途別で厳選しておすすめ3社をピックアップしました!ぜひ、ご覧になってみてくださいね!!

(1)最高額で売るならかんたん査定ガイドがおすすめ!

ガリバーやビックモーターを始めお住いの最寄り車買取専門店複数社で相見積もりをとることができる車一括査定です!

同時立ち会い査定することで、買取価格を競り合わせることができるので相場以上の買取額が期待できます!また、かんたん査定ガイドはJADRIに加入している(適正な査定額を出せる優良店のみが加入できる連盟)店舗のみを厳正しているので信頼性が高いです。


注目ポイントは、申し込み時すぐにネットで買取概算価格が表示されるのはここだけ!!とにかく高く売りたい!ガンガン行きたい自信があるかたにおすすめ!

▼▼最高額で車を売りたいならやっぱり一括査定!▼▼
すぐに概算価格をチェック!かんたん車査定ガイド

(2)交渉なしでも高額査定が期待できる!車買取オークション

最寄りの提携ガソリンスタンドに持ち込みして、中古車販売店や国内外の車輸出業者のみ限定の約900社が参加するクローズドオークションに出品してくれるカープライス

入札中は店舗のモニターを見ながら自分の入札金額がグングン上がっていくのが目で見てわかる!もちろん納得いかない場合はキャンセル時出品料無料のサービスです。


オークションのメリットは何と言っても交渉の必要がなく、買い叩かれる心配がないことです。初心者や車の知識がない女性の方に特におすすめです!!

▼▼まずは最寄り店舗と詳細内容の確認はこちらから▼▼
買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

(3)走行10万km超え、10年落ちなど値段が付かなかった車は廃車買取専門店へ!!

走行10万kmを超えている、10年落ち以上、故障して動かないなどディーラーの下取りや車買取専門店でも値段がつかない車の場合は廃車買取専門店「カーネクスト」に出してみましょう!


引き取りから抹消手続き、還付金の手続きまで全部やってくれるのでとても簡単に廃車手続きができて査定額にも期待できる!!

廃車手続き専門の業者に査定に出すことに、買取店では値段がつかなかった車も査定額に期待できます。

▼▼信頼できる廃車買取専門店の詳細はこちら!!▼▼
廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

関連記事

【欲しい車がない時】中古車探しする時に選ぶ目安にしたい条件をまとめました!!

コンパクトカーのおすすめ未使用車専門店はあるの?軽と比べて少ない理由

【中古車探し】人身事故を起こした車を見分けることは可能?

【愛知県】中古車オークション代行おすすめ優良店ベスト4

【大阪府】中古車オークション代行おすすめ優良店ベスト4

程度の良いワンダーシビックの中古車がほしい!B16Aのブイテックスワップ車が狙い...