【値引き交渉術】新車コンパクトカーの車種別目標価格と目安納期

コンパクトカーは幅広い年齢層と、小柄な車体で運転しやすい特徴でリセールバリューが高くとても根強い人気があります。

特にコンパクトカーを新車で購入するときは、強気な価格で見積もりがでることが多くて値引き交渉がうまくいかないことが多いです。

今回は、そんなコンパクトカーの上手な値引き交渉術をご紹介したいと思います。

  • 車種別の値引き目標価格が大きい順番にランキング形式で公開
  • 契約から納車までの目安納期を車種別でご紹介します

人気のおすすめコンパクトカーの値引き方法を購入前に調べておいて、新車を最安値で契約しましょう!!

2017年、新車コンパクトカーの目標値引き額をランキング形式で公開します!

新車コンパクトカーの値引きの限度額ってどれくらい?ディーラーでの値引き交渉の切り出し方と交渉する方法をご紹介します。

また契約から納車まで時間がかかる車種もありますが今回は、新車コンパクトカーの購入時の納期についても掲載したいと思います。

日産・キューブ

150万円以下で新車が買える、低予算で購入可能なコンパクトカー・日産キューブ。

新車コンパクトカーがほしいけど、経済的に中古車しか買えないというかたも視野に入れることができる良心的な価格が特徴。

日産ディーラーで取り扱われている日産キャピタルサービスの残価設定型クレジットに対しての相性も良く特別金利2.9%の対象者なので無理なく家計にも負担をかけないコンパクトカーです。

  • 値引き目標価格は25万円~30万円
  • 納期は契約後約1~2ヶ月
  • 残価設定型クレジットの特別金利2.9%対象車

20代~30代の男女に人気のある車種のため、トヨタから発売されたルーミー/タンク、ダイハツのトールなどのコンパクトトールワゴンとの相見積もりを取って、価格交渉の材料にすると値引きの突破口を開くことができます。

カーナビや、カーウイングスなどのオプション機能をつけた状態で、車両値引きとオプション値引き込みで、25万円~30万円の値引きをした見積もりを出すことができれば成功です。

 

日産・マーチ

ヴィッツハイブリッド、ノートe-power、デミオディーゼルの登場で、タマゴ型の愛らしいデザインも競合車が多く、わざわざ新車のマーチを選ぶメリットが分からないのが現状なので、新車価格も値引き額を大きくしてくれる可能性が高いです。

  • 値引き目標価格は25万円前後
  • 納期は契約後約1ヶ月
  • エコカー減税対象車で1.75万円の値引き

とにかくライバルが多いコンパクトカーなので、相見積もりを取ると対抗としてオプション込み値引きや、下取り価格との抱き合わせで低価格な見積もりを提示してもらえます。

ただし、下取り価格は車両価格と、下取り車の売却金額を合わせてごまかされる可能性があるので見積もり価格の詳細を見極めることができない場合は、下取りの依頼はしないほうが良いです。

 

トヨタ・ポルテ/スペイド

ポルテはトヨタ店・トヨペット店の取扱い車で、スペイドはカローラ店・ネッツ店の取扱い車種なのでトヨタディーラーの4店舗それぞれ運営資本が違うトヨタ販売店同士で相見積もりを取ると、値引き交渉がスムーズです。

  • 値引き目標価格は23万円~25万円
  • 納期は契約後約1~2ヶ月
  • スペイドのほうが値引き額が大きい傾向

ポルテは年齢層関係なく万人受けする片側だけ大きな電動スライドドアを搭載したコンパクトカーなので比較的値下がりしにくいです。

どちらかといえば、スペイドは20代の若い世代に人気の車種なので値落ちが大きいため、新車購入時も値引き交渉がしやすい傾向があります。

 

次のページはトヨタ・パッソ、スズキ・ソリオなど売れ筋車種が登場!!

▼▼次のページへ▼▼

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれているかもしれません。

どこも車屋さんも安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :50万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

▼▼今ならダブルチャンスキャンペーンでさらにお得!!▼▼
愛車を高く売りたいなら楽天で! もれなく5千ポイントもらえる!

関連記事

軽自動車からコンパクトカーに乗り換えたときに感じる違いとメリットを比較

タントとトールどっちがおすすめ?使い勝手の良さを比較してみました!!

もう中古車ローン審査に落ちない!ローンを通りやすくする方法を公開します

マツダ・デミオとCX-3ってどっちが買い!?実際の違いとメリット・デメリットを徹...

車売却時の車検証登録住所から2回転居している場合の必要書類について

ホンダ・フィット13Gが買取査定で最高額89万円で売れた方法