ローバーミニの中古車を選ぶときの注意点とおすすめの年式は?

ミニクーパーのクラシックモデルといえば、ローバーミニですが今回なびくるやミニ中古車専門店を探しまわった結果、乗り出し価格98万円で2001年モデル(平成13年式)のローバーミニ ・メイフェア(右ハンドル、AT、ハーフレザーシート、カローマット、ウッドパネル付き)の極上中古車を購入することができました!!

ちなみにクラシックミニとなるローバーミニのなかでもメイフェアは比較的車体価格が安価な中古車なので豊富なオプションやカスタムがついた状態でも100万円以内で買える超お得なローバーミニなんです。

中古車なら90年代のインジェクションのミニローバーがおすすめ!!

ミニローバー(クラシックミニクーパー)は現行にはないので、中古車を購入することが必須なコンパクトカーになります。

中古のミニローバーを探す場合おすすめしたいのが、1992年~2000年までの間製造されたモデルです。

キャブ車からインジェクションモデルというエンジン始動性が抜群に良いものに変わった時期のモデルで1992年以降のモデルは劇的に性能が向上しているので、選ぶと故障やトラブルがなく比較的手間がかからないです。

マニアな男性だけでなく、女性や車の知識がないかたにもおすすめの中古車です。

 

ちなみに私が今回購入した中古車ミニローバー・メイフェアもインジェクションモデルの最終型なので1.3Lで馬力もあって乗りやすいです。

走行距離は66,232kmの平成13年式、車検整備つきで車両本体78万円。

乗り出し価格は98万円と長く乗るにはお買い得なミニローバーで専門店にいってもなかなか見つからないくらいの車両を中古車お探しサービスで発見しました。

1992年以前のモデルだとキャブ車という丁寧なメンテナンスとエンジン内部の洗浄が必要な車なので車いじりやカスタムが好きな人ではない限りインジェクションモデルにされると安心です。



※インジェクションモデルのスペック

  • 初年度登録:1992年~2000年(平成4年式~平成12年まで)
  • 排気量:1271cc
  • 最高出力:53ps/2600rpm
  • 車両重量:710kg
年式 モデル 出力
平成4年~平成8年

(1992年~1996年)

MK-9 インジェクション
平成9年~平成12年

(1997年~2000年)

MK-10 インジェクション

中古車でもローバーミニが人気の理由

とにかく運転しておもしろい!かわいいコンパクトカー!!

ローバーミニの人気の秘訣はなんといっても、あのレトロな雰囲気漂うかわいくておしゃれなボディですよね。一目みただけでミニクーパーだ!ローバーミニだ!と分かるあのずんぐりしたミニマムカーの典型ともいえるコンパクトカーよりもさらにコンパクトな5ナンバー車がローバーミニです。

運転してみた感覚はまさにゴーカート。硬めの足回りににダイレクトなハンドリングは路面の感覚をダイレクトにドライバーに伝わるので車好きなら運転していてとても楽しく飽きないと思います。

また、OHVエンジン独特の重低音と振動は見た目とは逆に荒っぽい乗り味です。走ってる感をしっかり感じられるのでまさに老若男女問わずに楽しめる大人のおもちゃのようなコンパクトカーです。

外国車としてはタマ数が多い

ローバーミニは中古車のなかでも人気の浮き沈みがなく安定して需要のある人気車種です。

旧車で外国車という設定ながらタマ数が豊富なので30万円程度の安価なローバーミニ。

程度極上、未使用車と大差ないような中古車まで予算に応じて探すことができるのがローバーミニです。ちなみに、中古車検索サイトのカーセンサーでは623台、グー中古車では480台の在庫車両が見つかりました。

これって国産コンパクトカー並みの在庫数の多さなので選び放題なんです。

カスタムパーツ、リプロパーツが豊富

ミニローバーは絶版車なので中古車でのみ購入可能な車両です。生産終了から15年以上が経とうとしていますがコアなオーナーや、ローバーミニマニアがたくさんいらっしゃるおかげで2017年現在でもカスタムパーツや純正のリプロパーツは豊富に発売されていますからメンテナンスや修理に困ることがないので安心です。

また、ローバーミニはショートストロークのサスペンションなどのカスタムパーツや内外装のドレスアップパーツなども多数販売されていますし、今での新商品が発売されるくらいの人気ですので絶版後かなりの月日が経った今も自分だけのローバーミニに仕上げることが可能です。

クラシックミニだけどエアコン完全装備

ローバーミニは発売当初から平成8年式(1996年)までのキャブ車モデルは旧車特有のエアコンの性能が悪くてまったく効きません。まさに夏は窓全開にうちわ。冬はダウンジャケット重ね着して震えながら運転という現象が起こるためやめておいたほうが良いです。

狙い目は平成9年から平成12年まで(1997年~2000年)までのインジェクション仕様のローバーミニで、期間内の年式のローバーミニはクーラー、ヒーター機能も大幅に改善。

エアコンが効かないという口コミや評判が多いですが、全くそんなことはありませんので安心してください。

中古のローバーミニを選ぶときの注意点

各部オイル漏れがしていないか?

ローバーミニのOHVエンジンはとてもシンプルな構造でメンテナンス性が高く、社外パーツも豊富なのでカスタムフリークに人気が高いです。

また、ローバーミニの特徴としてエンジンオイル・ギアオイル・ミッションオイル・デフオイルが全て共通のオイルを使うので(一般的な車は全て違う成分・粘土のオイルを使います)各部に負担がかかりやすくギアボックスやドライブシャフト、デフなどのオイル漏れしやすい弱点を持っています。

ただ、しっかり整備されて乗っているローバーミニは車検や点検のたびにこまめにパッキンを交換して乗っている人がほとんどなのでオイル漏れが一切ありません

こういった違いから中古車を選ぶときの見極める材料としても有効です。

中古車店舗で気になるローバーミニの下回りを覗かせてもらって各部にオイルのにじみや跡がないかを見て大切にされてきたローバーミニかそうでないかを判断することができます。

もちろんオイル漏れのリスクを回避したい、日常のメンテナンスに自信がないなら車体価格が割高にはなりますがオーバーホール済みのローバーミニを買えばそういった心配もありません。

電装系が弱くてトラブルになりやすい

ローバーミニは90年代の車なので、車両によっては20年落ちの中古車なんて当たり前に売っています。古い車で一番故障やトラブルになるのが電装系。

経年劣化した電装や、設計が古い電子部品はどうしても故障しやすいです。またローバーミニのエンジンのダイレクトな振動が電子部品を壊す原因となっていることも考えられます。

ちなみに、ローバーミニの電装系のトラブルで一番気をつけたいのがヒートポンプやワイパーなどの小型モーターを使う部分が突然動かなくなったり断線したりするケースがあるので中古車販売店などでローバーミニの試乗時に一通り動かしてチェックしておくと安心です。

中古車の当たりハズレの差が大きい

ローバーミニの中古車は当たりハズレが大きいです。

  • 当たりの中古ローバーミニ・・・前オーナーが大切に乗っていてメンテナンスが細部まで行き届いている、古くなったパーツが都度交換されている
  • ハズレのローバーミニ・・・走行距離が少ないのに、故障が多い。中途半端なカスタムがされていてセンスを感じない。

特にローバーミニの中古車は一般的な中古車と違って、年式や走行距離で選ぶと失敗します。

インジェクションモデルのローバーミニMK-9、MK-10(平成4年式~平成12年式)を選ぶことを前提としてできるだけ走行距離が少ない、高年式という選びかたではなく、細部がしっかりメンテナンスされているか?が大切です。

メンテナンスがされているかどうかについては実際、車にあまり詳しくないかたには判断がつきにくいですので、中古車店に来店する際に車に詳しい人と一緒に見にいくと失敗しませんし安心です。

私もローバーミニの基礎知識や雑学は知っていますが、整備については知識不足なので購入するときに整備士の友人に一緒に見に行ってもらいました。

質の良いローバーミニはWEBで公開されない

ローバーミニの中古車は探せば100万円以下で極上のローバーミニが買えます。とくにクーパーやケンジントンは厳しいかもしれませんが比較的安価なメイフェアなら100万円も出せば良質な中古車が豊富に選べます。

でも、ローバーミニは絶版車で台数に限りがあります。

やはり上質な極上ローバーミニは年々少なくなってきていますし、希少価値が高いのでなかなか市場には出ないのが現状です。

中古車屋さんもカーセンサーやグーネットなどの中古車WEB検索サイトには載せずに、直接来店してくれた客にのみ販売するケースが多いです。

そのためネット上で程度の良いローバーミニを探すことは難しくなってきていますし、もしくは見つかっても高額で手がでないと思います。

中古車オークションもおすすめだけど選べない

中古のローバーミニを購入する場合、知り合いの中古車屋さんに中古車オークションで落札してきてもらったり、中古車オークション代行サービスにお願いする方法があります。

オークションに出品されている中古車はプロの査定員がチェックした査定評価表などがついていますし、質の悪いローバーミニを買って失敗する心配がないのですが、予算内で思ったとおりの中古車を落札できるとは限りません。

またローバーミニのような個性的な車は1台づつカスタム内容や仕様が異なりますし、ボディーカラーも希望通り見つかりにいです。

もちろん落札後はどんなに気に入らなくてもキャンセル・返品ができないので自分だけのお気に入りローバーミニを探したい!という人にはあまりおすすめではありません。

近くに信頼できるローバーミニ専門店はある?

ローバーミニ専門店といえば、キャメルオートキングスロードが有名で信頼できるおすすめの店舗ですが、お住まいの地域にこういった中古車購入からアフターメンテナンス、車検まで全てを安心しておまかせできるようなローバーミニ専門店があれば良いですよね。

でも実際は、評判の悪いローバーミニ専門店があったり、メンテナンスやカスタムもイマイチな業者も多いのでなかなか信頼性の高い中古車屋さんを見つけるのは難しいです。

ローバーミニの中古車を探すなら中古車お探しサービスを使うと安心

ローバーミニのようなタマ数が多くて程度の良い中古車を見つけるのが難しい旧車の場合は、プロが探して提案してくれる中古車お探しサービスを利用するのが失敗しなくておすすめです。

とくに「なびくる」が運営している中古車お探しサービスは、プロの中古車査定員のかたがまだWEB上に載せていないとっておきのWEB未公開車両を探してきてくれます。

グー中古車やカーセンサーで探すよりも、予算内でより上質な中古ローバーミニが見つかる可能性が高いです。

もちろん気に入らなかったら返品OKですし、購入後最長10年間の保証も付いているので旧車のローバーミニを購入するならとてもおすすめしたいサービスです。

 

まだカーセンサーに掲載前!ネット非公開のとっておき中古ローバーミニを探すならこちら

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれているかもしれません。

どこも車屋さんも安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :50万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

▼▼今ならダブルチャンスキャンペーンでさらにお得!!▼▼
愛車を高く売りたいなら楽天で! もれなく5千ポイントもらえる!

関連記事

トヨタファイナンスは審査が甘い?通りやすい基準と属性を検証

ベンチシートで超ゆったり!開放感抜群のおすすめコンパクトカーの選びかた

程度の良いワンダーシビックの中古車がほしい!B16Aのブイテックスワップ車が狙い...

ID車両ってなに?メリットや全詳細を公開!

中古車の通販が人気急上昇!おすすめサイトと購入時の注意点や流れを解説します!!

ソリオとルーミー安全性はどちらが上?安全装備で徹底比較しました