タントとトールどっちがおすすめ?使い勝手の良さを比較してみました!!

軽のなかでも年齢問わず親しみやすい使い勝手が人気の軽自動車ダイハツ・タント

広々車内に1,000ccコンパクトカーと思えないパワフルな走りをするダイハツ・トール

 

使い勝手の良さで買うならどっちがおすすめなのでしょうか?

 

実際に比較してみました!!

どちらもダイハツの売れ筋トールワゴン!!似ているようで違いってあるの?

トールワゴン大好き
どちらも荷物がたくさん積めて、低燃費なので魅力的どっちにしようか迷っちゃうなぁ~

軽自動車ならタント、コンパクトカーならトール。

どちらも、トールワゴンタイプの広い車内と、リッター20km/Lを余裕で超える低燃費どちらも使い勝手がとても良く、通勤から買い物、ちょっとしたドライブなどにも幅広く使えるのが特徴の車種です!!

ダイハツ・タントとトール。同じタイプで外観も似ているように見えますが、実際のスペックは少し異なります。

では実際に比較していきましょう!!

かんたん車査定ガイド

コンパクトカーと軽自動車の違いが車幅に現れている

トールワゴン大好き
やっぱり最初に違いを実感できるのは乗った瞬間に体感できる車内の広さです

タントとトールでまず最初に明らかに違いを感じるポイント。

車幅の違いです。

トールの車幅は1,670mm

タントの車幅は1,475mmと195mm

20cm分トールのほうが車幅が広いです。じつはこの違いがとても大きく現れています。

トールにはリアシートがダイブダウン(床下収納できる)点や240mmもスライドする点から車内空間は圧倒的にトールのほうが設計からしっかり室内空間を確保するようにできています。

 

240mmといえばちょうどペットボトル6本入り1ケース分くらいの幅なのですが、実際の使い勝手は数値以上の車内の広さを実感できると思いますよ!!

タントも車内は広く作られているのですが軽自動車は室内が狭くてちょっと物足りないというかたにはトールがおすすめです!!

 

▼▼まずはマイカーの下取り相場を無料チェック▼▼
無料3分でかんたん下取り相場チェックするならこちら

燃費ならタント、ゆったり走行ならトールがおすすめ

タントの燃費はJC08モードでリッター28km/Lととても低燃費です。

おそらく軽自動車のなかでもこれほどの数値を出せている車種はないのではないでしょうか。

 

軽自動車のタントは元々トールよりも小型で排気量が小さいため、燃費が良いのですがそれ以上にイーステクノロジーというエンジンのフリクション(部品同士の摩擦)や、車体の骨組み(フレーム)を軽くて強度の高い素材を使用しています。

タントはハイブリッド車のように発電機やモーターを搭載しているわけではなくて、走行時の抵抗になる負担をできるだけ減らしたエコエンジンを載せているからなんです!!

 

ちなみにトールもトヨタ・アクアのようなハイブリッド車のように低燃費とまではいかないですが、JC08モードでリッター24.6km/Lという比較的低燃費を実現していますし、エンジン特性もパワフルです。

高速走行や上り坂などでアクセルを踏み込まなくても安定した走行をしてくれるのでもしかするとお買い物や、通勤に待ち乗りメインに使われているなど信号が多い地域での乗り方によってはタントの低燃費に匹敵するかもしれません。

実は最小回転半径があまり変わらない

トールワゴン大好き
私車庫入れが苦手で、できれば小回りが利いて運転しやすい車がほしいです。

軽自動車のタントとコンパクトカーのトール。サイズが明らかに違うのに実は最小回転半径は4.4mと4.6mとわずか20cmの違いしかありません。

 

最小回転半径20cmといえば運転しているとほとんど違いが分からないくらいです。主にスーパーマーケットやショッピングモールの駐車場や、タイムスなどの狭いコインパーキングでも分からないと思います。

トールは見通しが良いガラスデザインを採用しているので、実質ほとんと変わらないと思います!!

最も大きな違いは安全性!!自動ブレーキがついているトールが圧倒的に良い!!

トールワゴン大好き
大切な家族を守りたいなら、やっぱり自動ブレーキは必須ですね。今後は標準装備化がどんどん進みそうです

ダイハツ・トールには自動ブレーキと連動した衝突回避支援システムのスマアシⅡが採用されています。

歩行者や自動車の識別はもちろん、初心者のかたなどでうっかり車線をはみだしてしまった場合に修正してくれる安全性の高いセンサーがあらゆる危険から回避してくれます。

それに対して、タントはコーナーセンサーのみの設定となるため安全性の違いは圧倒的にトールのほうが充実しています。

やっぱり丁寧に作りこまれたトールがおすすめなのか!?

試乗車や中古車在庫を実際に見に行くと分かるのですがトールは非常に丁寧に作りこまれたコンパクトカーです。

タントと比較してみてもボディーのパネルの立て付けやパネルごとの隙間がとても小さく精度が高いです。路面ギャップをひろったときにボディの軋み音やカタカタといった余計なノイズが少なくて快適な乗り心地です。

 

以上のことから、トータル的に年齢や性別の違いを気にせずに使い勝手が良いのはダイハツ・トールだと思います!!

 

▼▼まずはマイカーの下取り相場を無料チェック▼▼
無料3分でかんたん下取り相場チェックするならこちら

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれているかもしれません。

どこも車屋さんも安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :50万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

▼▼今ならダブルチャンスキャンペーンでさらにお得!!▼▼
愛車を高く売りたいなら楽天で! もれなく5千ポイントもらえる!

関連記事

車売却時に自動車税が未納でも売れる?還付はどれくらい?

【値引き交渉術】新車コンパクトカーの車種別目標価格と目安納期

もう中古車ローン審査に落ちない!ローンを通りやすくする方法を公開します

車を売るとき知ってる人だけが高額査定してもらえる『常連ひいき』ってあるの?

コンパクトカーのおすすめ未使用車専門店はあるの?軽と比べて少ない理由

車を買いたい女性必見!!初心者が抑えるべきポイントはココ