【自動車保険】共栄火災からアクサダイレクトに乗り換えるときのメリットと違い


ダイレクト通販型自動車保険のアクサダイレクトに乗り換えようと思うんだけど、共栄火災の自動車保険とと比べてどうお得なのかな?

今回は、車屋さんで加入した共栄火災からパソコンやネットで簡単契約可能でしかも割安な保険料で補償が受けられるアクサダイレクトに乗り換えた時に感じたメリットや補償内容の違いなどを解説してみたいと思います!

まず圧倒的に保険料が安くなる!

共栄火災の場合、多くの車屋さんやディーラーなどの代理店を通して契約する保険なので、加入一件のたびに共栄火災側は代理店に手数料(報酬)を支払わなければなりません。

そのため保険自体のコストが必然的に上がってしまい、同じ契約でもアクサダイレクトと比較して高くなります。

アクサダイレクトの場合は通販型といってネットやスマホのみで契約が終わります。

代理店や営業担当などは一切なく、あるとすれば広告くらいなので運営費が大幅に抑えられているのです。そのためアクサダイレクトは共栄火災よりも同条件の契約でも保険料が安いです!

コンパクトカークラスで保険料がこんなに変わる!

年間保険割引額の事例(エコノミークラス・車両保険なし)
コンパクトカー(661cc〜1,500cc以下のクラス)
日産ノートe-power LED X(平成28年式)
年齢・登録地域 32歳女性・埼玉
運転免許証の色 ブルー
年間走行距離 10,000km以上
ノンフリート等級 7D

ハイブリッドモデルコンパクトカーで人気の日産ノートe-powerを事例に見てみると、上記の契約条件で42,630円になります。

42,630円だと満額に満たないのですが、実質アクサダイレクトは初回契約で8,000円の割引が適用されるため格安の年間32,630円(月額2,720円)で加入できるのです。

ちなみに共栄火災からアクサダイレクトに同じ補償内容で乗り換えるだけで年間23,000円も節約することができました!!

アクサダイレクトは保険料を節約したいマメな人向けか?

アクサダイレクトはネットや電話でのみ契約可能です。必要な情報を入力するだけで印鑑も一切必要なく5分程度で契約が完了するのでとてもスムーズです。

でも事前に料金シミュレーションを使って自分なりに必要な条件の契約プランを決めておかないといけないので共栄火災のように車屋さんに全てお任せしておけば良いというわけでもありません。

共栄火災の場合は代理店の担当者がおすすめの契約プランをある程度候補で絞ってくれるので、任せきりでも条件にあったものに加入することが可能でしたが、アクサダイレクトは使用条件や契約内容によって大きく保険料が変わってきますので要注意です。

  • 安くてネットで契約手続きが簡単だけど、自分に合った保険プランは料金シュミレーションなどを使って自分で選択するのがアクサダイレクト
  • ある程度、保険担当者や車屋さんに任せきりでも自分に合った契約ができるのが共栄火災

どちらも人によって利用しやすさに違いはあるものの年間保険料が大幅に安くなるアクサダイレクトはやはり多少の手間はかけてでも魅力的です!!

クレジット払いだからポイントが貯まるメリット

アクサダイレクトはネット申込み時にクレジットカード番号を登録するだけですぐにクレジットカード決済が可能です。

共栄火災の場合は代理店によってカードリーダーの設置がない中古車販売店だとクレジットカードでの払い込みができない場合があり少々手間がかかってしまいます。

クレジットカードだと年間4万円近くも支払う保険料ですから結構なポイントが貯まるメリットがあります。やっぱり固定費をクレジット支払いにするととても便利です。

走った分で保険料が換算されるのは嬉しい!

いつもは年間10,000万キロ以上走るけど、家事や育児に追われる女性の場合は時期にもよると思いますが10,000キロも走らないことってよくあります。

そんな時、10,000キロを目安にそれ以下の年間走行距離だった場合は保険料がさらに下がる特徴があるのがアクサダイレクトです。

年間8,000キロ〜12,000キロまで変動がある微妙な場合は共栄火災のような一定費用だけでなく都度保険料の見直しをしてくれるアクサダイレクトの方が結果的にお得だと思います!

 

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれているかもしれません。

どこも車屋さんも安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :50万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

▼▼今ならダブルチャンスキャンペーンでさらにお得!!▼▼
車一括査定の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ソニー損保の無料見積もり】年間4,200kmしか走らない妻の自動車保険料が1万...

ソニー損保・自動車保険料の支払いでデビットカードを使用する条件

ソニー損保の総合自動車保険タイプSは楽天経由でポイントがついてお得なの?

てんかんの持病があると自動車保険に加入できない?

アクサダイレクト自動車保険のキャンペーンをまとめてみた決定版!!

【Tポイント】自動車保険の見積りキャンペーンなど車の維持だけで年間9,395ポイ...