ソニー損保・自動車保険料の支払いでデビットカードを使用する条件


ソニー損保の自動車保険料をデビットカードで支払いするときの使用条件とお得な利用方法をまとめてみました!!

走ったぶんだけ自動車保険料が安くなるネット通販型の自動車保険・ソニー損保。コンパクトサイズのマイカーでも年間保険料が1万円以上安くなる人も多く、乗り換えられる方もとても多いです。

私もマツダ・デミオに乗っていますが年間保険料が13,300円も安くなりとても満足しています!!

ところでソニー損保に加入する際、支払い方法で気になるのがやはりクレジットカード支払いについて。分割支払いもできるカード払いはとても便利で良いのですが、カードを持っていない、もしくは作れない場合は一括支払いのみでの取り扱いなので、ちょっと負担が大きいです。

そこで、無審査で作ることができるデビットカードってソニー損保の支払いができるのかどうか?

使用条件も含めて解説してみたいと思います。

 

《Tポイント1,000ポイント還元サイトも必見》
自動車保険は比較サイトで一番お得なのはここ!

ソニー損保の自動車保険はデビットカードで支払いできる

まず、ソニー損保の自動車保険はデビットカードで支払いは可能です。

デビットカードでJCB、VISA、MASTERカードのクレジット機能が付いているものであれば支払いが可能なカードがあります。

使用できるかどうかに付いては提携先のカード会社によって契約条件が異なりますので、申し込み前に問い合わせておきましょう。

ちなみにネット通販型の自動車保険はデビットカードで支払いができない!という口コミをよく見かけると思いますが、それは分割払いができないという話がほとんどです。

11回分割支払いは不可

ソニー損保の自動車保険料は11回の分割支払いが可能です。ただし分割払いにはクレジットカードが必須になり、デビットカードでの分割払いはできません

クレジット機能があれば分割できるんじゃないの?セキュリティーコードもあるし、カード番号もクレジットカードと似ているから一度試しに分割支払いで申し込んでみよう!という方もいらっしゃると思います。

残念ながらソニー損保申し込み後に分割支払いでの申し込み不可の通知がメールもしくはコールセンターからの電話がありますので諦めましょう。

デビットカードには事前承認がないため

デビットカードはクレジットカードのように利用限度額がなく事前承認がないため、口座残高が不足していた場合に引き落としができない可能性があるためある意味信用がなく、VISAデビットなどカードブランドが付いたカードでも分割払いはできないようになっています。

結果としてはデビットカードは一括支払いなら可能なカード会社はありますが、分割払い(月払い)はできません。

振込手数料がかからない分、ネットバンキングよりも少しお得

デビットカードでの支払いはネットバンキングや銀行振込のように振込手数料が発生しませんし、カード会社によってはポイント還元もあります

ソニー損保の保険料の支払い方法でネットバンキングや銀行振込よりは手数料がかからない分、安く保険料の支払いが可能です。

保険料の支払いにはソニーバンクウォレットがおすすめ

ソニーバンクウォレット詳細はこちら

デビットカードをまだ持っていない方は、ソニー損保保険代理店のソニー銀行が発行するデビット機能付きキャッシュカード、ソニーバンクウォレットは同じ系列のデビットカードなので、ポイント還元率も良く相性が良いです。

入会時に1,000円分のキャッシュバックの特典がありますし、現金を引き出す場合も手数料無料の提携銀行が多く便利。デビットカードのなかでは結構優秀な方なのでおすすめです。

まずは支払額の無料見積もりから

ソニー損保を始めダイレクト通販型自動車保険に加入するなら、まずは今の車両と保険等級で自動車保険各社の保険料がいくらになるか無料で見積比較することが可能です。

見積もりのみで、契約しなくてもTポイントが1,000ポイントもらえますので、一度試してみられるのも良いと思います!

《Tポイントがもれなくもらえます》
ソニー損保の保険料はこちらで無料比較!!

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれているかもしれません。

どこも車屋さんも安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :50万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

▼▼今ならダブルチャンスキャンペーンでさらにお得!!▼▼
愛車を高く売りたいなら楽天で! もれなく5千ポイントもらえる!

関連記事

【Tポイント】自動車保険の見積りキャンペーンなど車の維持だけで年間9,395ポイ...

自動車保険の見積もりキャンペーンで総額73,432円分のプレゼント特典をもらう方...

てんかんの持病があると自動車保険に加入できない?

【自動車保険】共栄火災からアクサダイレクトに乗り換えるときのメリットと違い

【ソニー損保の無料見積もり】年間4,200kmしか走らない妻の自動車保険料が1万...

ソニー損保の総合自動車保険タイプSは楽天経由でポイントがついてお得なの?