ソニー損保の総合自動車保険タイプSは楽天経由でポイントがついてお得なの?


ソニー損保の総合自動車保険タイプSに加入するとき、楽天の保険比較経由の方がポイントがついてお得なのかな?

ソニー損保はダイレクト通販型保険なのでネットから申し込みするタイプの自動車保険です。ネットとはいうものの実際は楽天を始め、ネット上の保険代理店がたくさんあるのでソニー損保の公式サイトから申し込まなくても、他にもお得な特典やキャンペーンを実施している窓口はたくさんあるんです。

楽天の保険比較サイトもその一つで、実際有名サイトですが楽天経由でソニー損保に申し込みすると本当にお得なのでしょうか?

実際にポイント付与や特典キャンペーンなど総合的に比べてみました。

 

《Tポイント1,000ポイント還元サイトも必見》
自動車保険は比較サイトで一番お得なのはここ!

楽天の保険比較サイトをソニー損保で申し込むメリット

楽天の保険比較サイトはソニー損保をはじめ、他社ダイレクト自動車保険の保険料を一度に多数の保険会社の見積もりを比較しながら一番条件の良い保険会社を選ぶことができます

実際、自動車保険は使用者の運転状況や、走行距離、補償範囲で価格に違いがありますし、それぞれの保険会社ごとに特徴や強みも違いますので、こういった楽天などの比較サイトでまずは合い見積もりをしてみることはおすすめです。

ソニー損保、新規申し込み10,000円割引はどこでもやっています

楽天の保険比較でソニー損保を検索するとまず目につくのが、インターネットでの新規申し込みの場合は初期費用から10,000円割引されるという特典が付きます。

でも10,000円割引は楽天だけの限定特典ではなくて、ソニー損保が実施しているキャンペーンなので、楽天以外での申し込みでもどこでも割引してくれます。この点に関してはあえてメリットにする必要はなさそうです。

最大のメリットは楽天ポイントがつくことですが…

楽天の保険比較サイトからソニー損保に加入するともらえる楽天ポイントはとても貯まりやすく、ポイントの使い道が多くとても魅力的なポイントです。

私も楽天カードを持っていますが、ポイントが本当にザクザク貯まりますし毎月300ポイント(年間で最低でも3,600ポイントは必ず溜まっています)

でも、自動車保険の特典としては私的にはあまりメリットを感じませんでした

自動車保険の加入特典にしてはポイント還元率が低い

楽天ポイントは貯まりやすく、使い易いのはいうまでもありませんが自動車保険に加入する際についてくるポイント還元率としては低いと思っています。

理由は、ソニー損保の総合自動車保険タイプSに加入するともっと豪華な特典やキャンペーンを実施している保険会社は多いからです。ちなみに私はコンパクトカーのトヨタ・アクアに乗っていましたがソニー損保での加入保険料が39,800円でした。

年間保険料を一括払いにしましたからそのまま丸ごとポイント還元になるところですが、楽天の保険比較サイトで保険の一括見積もりをすると555ポイントのポイント還元があるそうです(シルバー会員以上はアップ)

う〜ん自動車保険の特典で555ポイントはちょっと残念な結果です。

結果的に、特典還元率の高いところで加入しました。

楽天ポイントの還元率が低めだったのでちょっと残念ですが、他にも魅力的な特典がある代理店を探してみたのですが、私的にはインズウェブの保険比較が一番魅力的でした!

インズウェブも楽天と同じく、自動車保険の比較サービスなのですがこちらはTポイントが1,000ポイントもれなくもらえます

しかも契約しなくても、無料見積もりを取るだけ!でもらえますから利用するメリットが大きいです。ちなみに私が利用した時は見積返信も早くて、ダイレクト保険会社が全社比較できるようにわかりやすく検討することができました。

ちなみに、比較した保険会社と特徴はこちらです。

ソニー損保 とにかく保険料が安い、保険料を節約できる
イーデザイン損保 事故解決が得意
セコム損保 事故を起こした時の駆けつけが早い
アクサダイレクト 入会キャンペーンなど頻繁、年齢問わず人気がある
チューリッヒ保険 外資系、とにかく保険料が安い
三井ダイレクト損保 事故対応が柔軟
そんぽ24 損保ジャパンのダイレクト型
SBI損保 2016年オリコン顧客満足度ランキング1位
セゾン自動車火災 40代・50代にお得な特約が多い
チャブ保険 外資系、旧車保険もあるちょっと特殊
ゼネラリ とにかく保険料が安い
あいおいニッセイ同和 自分自身の怪我への補償が手厚い
朝日火災海上 車両地震特約がある
共栄火災 代理店型、安さはイマイチ
損保ジャパン日本興亜 代理店型、中古車店に特約店が多い
東京海上日動 ちょい乗り保険が人気
日新火災 値段比較用として特質するところはなし
三井住友海上 大手、保険料比較におすすめ
富士火災 事故でもめた時の弁護士費用特約が安心
AIU火災 家族保険など充実

たくさんのダイレクト型の自動車保険を比較して見てそれぞれの特徴をじっくり比較できました。

結局、インズウェブでソニー損保を申し込みしたのですが、今のところここより特典・サービス共に充実したところは見ていないので満足です!

高い費用を継続して支払っていく自動車保険だからこそできるだけお得に加入したいですよね!楽天ポイントも魅力的でしたが、他も参考にしてみるのがオススメです!

《無料見積もりだけで1,000ポイントがもらえる!》
自動車保険は比較サイトで一番お得なのはここ!

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれているかもしれません。

どこも車屋さんも安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :50万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

▼▼今ならダブルチャンスキャンペーンでさらにお得!!▼▼
車一括査定の詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

てんかんの持病があると自動車保険に加入できない?

ソニー損保・自動車保険料の支払いでデビットカードを使用する条件

【Tポイント】自動車保険の見積りキャンペーンなど車の維持だけで年間9,395ポイ...

【自動車保険】共栄火災からアクサダイレクトに乗り換えるときのメリットと違い

アクサダイレクト自動車保険のキャンペーンをまとめてみた決定版!!

【ソニー損保の無料見積もり】年間4,200kmしか走らない妻の自動車保険料が1万...