東京海上日動の自動車保険の更新を忘れないようにする方法と注意点を解説します!!

対人対物・人身・車両と3つの補償をトータルサポート、特約も細かく選べることで定評のある東京海上日動のトータルアシスト自動車保険


自動車保険なんて最近事故ってないから放置気味だし、うっかり更新時期を忘れてしまったりしないか心配、、、

自動車保険の等級って、更新忘れで自動解約になるとせっかく安くなっていた等級も元どおり6等級に戻ってしまって、高い保険料からの振り出しになるのでとても損してしまいます。

特に10等級以上で資格を失ってしまうと、年間3〜7万円も高い保険料に戻ることになるので十分注意しておかないといけません。

そんなうっかり更新を忘れていた時のために東京海上日動のトータルアシスト自動車保険の更新を忘れないための3つの方法があります!!

▼▼ダイレクト自動車保険へ乗り換えで年間保険料が安くなる!▼▼

自動車保険の一括無料見積もり申し込み詳細はこちら
 

保険代理店の車屋もしくはディーラーの担当者に連絡くれるようにお願いしておく

ほとんど場合はそうだと思いますが、車を購入した車屋さんやディーラーでトータルアシスト自動車保険を加入している場合(車屋さんが東京海上日動火災の代理店の場合)は、車屋さんやディーラーにも保険のノルマがありますので更新手続きの連絡をしてくれます。

携帯やスマホの電話番号に連絡をくれますが電話番号が変わっていた場合や、何らかの理由で電話を取らなかった場合には更新手続きができませんので注意が必要です。

特に個人経営の小規模な中古車店や自動車整備工場ほどこまめに連絡をくれます。もし心配ならこちらから連絡をくれるようにお願いしておくと安心です。

しっかり更新サポート特約を契約する時の注意点

東京海上日動の自動車保険にはしっかり更新サポートという更新バックアップ特約があります。特約内容としては更新忘れがないようにサポートしてくれるサービスです。

しっかり更新サポートには以下の機能があります

  • 満期日の2ヶ月前に更新通知のハガキが届く
  • 更新手続きを忘れても自動更新してくれる

更新サポートがあるから安心だな〜と思いきや、実は見落としがちな注意点もありますので以下の2つに要注意してください。

更新通知のハガキが届くが、契約手続きではない

保険が満期になる2ヶ月前に

  • 更新通知のハガキが自宅に届くようになります。
  • web更新案内を指定すると契約者専用ページにメールが届きます

どちらかで通知が届くようになります。ハガキは通知メールには更新後の等級での保険料の試算情報を確認することができます。

ただし、通知だけで契約が更新される訳ではありません

更新手続きは更新通知が届いた後に東京海上日動の担当者から改めて連絡がきますのでその際に継続手続きを依頼し、保険の継続証が届けば手続き完了となります。

更新手続きを忘れていても自動更新してくれるが、デメリットもある

万が一更新通知のハガキやメールにも、担当者からの電話にも気付かず、更新を放置してしまっていた場合は、自動的に前年の契約条件と同じ内容で自動更新されます。

非常に便利ですが自動車保険の見直しができないので、もっと自分に合った特約追加したり、プラン自体を見直しした方が安くなる方法があった場合でも案内なしに継続されてしまうデメリットがあります。

状況によっては損してしまうリスクもあるので、できる限り放置せずに積極的に満期ごとに保険料とプランの見直しを行うことが大切です。

万が一満期日を過ぎても7日以内なら更新できる

しっかり更新サポート特約で更新バックアップがされておらず、なおかつ更新手続きを完全に忘れてしまっていた場合。残念ながらせっかく等級が上がって安くなっていた保険契約も解約になってしまいます。

ただ、満期日から7日以内に東京海上日動へ更新したい意思を連絡することで更新手続きは可能になりますので満期日が過ぎたからといって諦めずにコールセンターに連絡を入れましょう!!

継続する前に保険料の見直しはとても大切です

最近ではダイレクト型自動車保険や、利用者に合わせた様々な特約が充実した自動車保険がたくさん登場していますが、

自動車保険なんて加入さえしていればなんだって良いや〜

という方も多いです。

でも、せめて更新毎の保険料見直しはしておくことを本当にオススメいたします!!

ちなみに、私はコンパクトカーのデミオに乗っています。

東京海上日動の自動車保険からダイレクト型自動車保険に乗り換えることで、ノンフリート等級13等級をそのまま持ち越し車両保険込み年間66,850支払っていた保険料が

年間48,160円に!

なんと、18,690円も保険料が安くなったことがあるんです!!

入っていれば安心の自動車保険。だけど、見直すことでかなり安く見直せる自動車保険なので満期前には一度保険料の見積もりを取り直して見ることが上手な更新方法です!!

▼▼ダイレクト自動車保険へ乗り換えで年間保険料が安くなる!▼▼

自動車保険の一括無料見積もり申し込み詳細はこちら

ダイレクト自動車保険のコスパ比較、一括見積もりの人気サービスをランキングで比較

最もお得な自動車保険を各社比較して探すなら、やはり1度の申し込みで複数社の見積もりが可能な自動車保険の一括見積もりがお得です!!


楽天や価格.com、インズウェブ など信頼性のある企業も参入していますので信頼性が高く保険会社の公式ページから申し込むよりも、一括見積もり経由で比較した方が圧倒的に安くなります!!
1位:保険の窓口のインズウェブ 最短5分、最大20社の保険料相場が一覧で分かる!一括査定の中でも最安見積もりが期待できる
2位: 楽天自動車保険一括見積比較 楽天が運営する自動車保険の一括見積もり。1,111円相当の楽天ポイントがもらえるのが特徴。楽天会員なら個人情報の入力も省略できる
3位:自動車保険の一括見積もり保険スクエアbang! 業界大手ニュートンフィナンシャルコンサルティンググループの自動車保険比較サービス。ウェブクルー、保険スクエア、ズバット自動車保険比較は全て同じ代理店
4位:【価格.com自動車保険】無料一括見積もり! 総合・保険料・補償内容・顧客対応・事故対応の5つの視点から独自の満足度に関する比較ランキングは要チェック
5位:ヤフー保険 楽天と人気を二分するも無料見積もりプレゼント特典内容が異なる。ヤフーIDを持っているならおすすめの保険比較です!!
6位:セブン保険ショップ(セブンイレブン) 一日から加入できる1day保険で有名なセブンフィナンシャルサービスが運営する自動車保険比較サービスです!契約手続きがコンビニでできます
7位:イオン保険マーケット イオンモール内に店舗があるためファミリー世帯や主婦層に利用者が多いネット申し込み、店頭申し込みどちらでもOKな保険比較サービス
8位:NTTイフ 自動車保険・損害保険の総合比較サービス。NTTイフだけのオリジナル契約特典やギフトがあるのも特徴
9位:グーネット保険比較 中古車購入を検討されている人にお勧め。検索用のログインIDがあれば個人情報の入力が不要
10位:オリックスカーリースオンライン見積 主に法人、リース社向け。保険料の分割OK。自賠責保険も同時加入可能
11位:ジャパンネット銀行の自動車保険比較 口座をお持ちならおすすめ!内容はインズウェブ の補償と同じ。期間限定の契約特典は家電製品と高額
12位:JAL保険ナビ JALUX保険サービスが運営JALポイントの他に様々なボーナスポイントが付帯するのが特徴の自動車保険比較サービス
13位:ドンキホーテ自動車保険比較 ドンキホーテでも自動車保険の比較が可能。その場で使えるギフト券プレゼントなど20代のドライバーに人気が高い

関連記事

【事故対応力】ソニー損保の自動車保険は事故現場到着まで10分の凄さについて

車買い替え時の自動車保険入れ替えタイミングと事前手続きについて解説します!

SBI損保の自動車保険見積もりキャンペーンで総額32,000円分プレゼントのもら...

【Tポイント】自動車保険の見積りキャンペーンなど車の維持だけで年間9,395ポイ...

ソニー損保の総合自動車保険タイプSは楽天経由でポイントがついてお得なの?

自動車保険の見積もりキャンペーンで総額73,432円分のプレゼント特典をもらう方...