自動車保険の長期契約は途中解約しても損しない?ホントの実情を徹底解説!

自動車保険の長期契約に加入しているけど、ダイレクト型保険とか最近は安い自動車保険があるから乗り換えたい!!

でも長期保険だから途中で解約したらどうなのかな?結果的に損したら嫌だなあ、、、

最長で7年間継続しなくてはいけない長期契約の自動車保険ですが、実は途中解約しても全く損することはないんです。

今回は、長期契約を解約して得した人の実情を解説したいと思います!!

いつ解約しても違約金はかからない

基本的に自動車保険は長期契約であっても、長期で保険料の割引きが効くだけです。

途中解約した場合でも手数料や違約金は一切かかりません

解約したい月の前月くらいに自動車保険のコールセンターもしくは取り扱い代理店(ディーラーなど保険に加入したところ)に電話するなり来店するなりして解約手続きを進めましょう!!

解約したところで得することはあっても、損することは絶対にありませんので乗り換えたい!そんな時は次にご説明する保険会社を先に決める理由と乗り換えの時期やタイミングをチェックしておきましょう!!

解約前に次に保険会社を決める理由

完全に自動車に乗らなくなるなら別ですが、安い保険会社に乗り換えたい場合は自動車保険の保険証券を用意して、次の保険会社の契約を済ませておきます。

ちなみに次の保険会社を決める前に長期契約を解約してしまうと保険等級を継続できないので、必ず長期契約を解約してしまう前に次の保険会社を決めて契約しておく必要があります!!

長期契約からの乗り換え時期やタイミング

通常、自動車保険は1年単位で満期になるので満期を目処に乗り換えすることになります。

長期契約の場合、満期日って何年も先になってしまうのではないの?と思いがちですが

契約期間が2年〜5年の場合に限り契約開始日を基準に1年単位で乗り換えが可能です!!

長期保険に加入していてメリットを感じましたか?

長期保険を取り扱っている自動車保険は主に以下の保険会社です

三井住友海上火災 2・3年単位での長期契約がある。大手だけに加入者数はかなり多い
朝日火災海上保険 最長7年契約。事故を起こしても保険等級が下がらない契約プラン
損保ジャパン日本興亜 地方の自動車整備工場や中古車店に代理店が多く、継続の手間がかからない
あいおいニッセイ同和損保 3年契約、契約内容は三井住友とほぼ同じ

長期保険のメリットは毎年無事故を継続すると、保険料が割引になるところですが割引率なんて年間保険料の5%にも満たないものですから、あまり得したことにはなりません。

その点、長期契約を途中解約してダイレクト型自動車保険に乗り換えることで年間保険料が最大5万円安くなった人もいるくらいですから圧倒的に安い別の保険会社に乗り換えるのがお得です。

なんだかな〜長期ってやっぱり特なのかな〜ってなんとなくでズルズル行ってしまうとかなり損しますので、できるだけ早く解約されてダイレクト型自動車保険に乗り換えられることが損しない秘訣です!!

長期保険の事故しても保険料が下がらない特徴に騙されないで!

朝日火災のASAP6などは万が一、3等級ダウンするような事故を起こしてしまっても保険料は下がらないというメリットを掲げています。

確かに3等級も下がると通常の保険会社では事故有係数という事故を起こした回数に基づいて年間保険料が2万円くらい高くなるので、朝日火災のASAP6は保険料が変わらないということですから確かにかなりお得に見えてしまいます。

でも長期契約は元々かなり高額な保険料なので保険料が変わらなくても初めから損してしまっていることがあります!

保険のことなんてあまり詳しくないから何げなく長期契約にしていた、、、本当に大損です!要注意!

※下記は一例です

マツダ・デミオ(コンパクトカークラス)保険契約内容・特約は同じ補償での見積

長期契約の保険 年間保険料:65,000円

事故:3等級ダウン・保険料は変わらず

ダイレクト型自動車保険 年間保険料:39,000円

事故:3等級ダウン・51,000円に上がる

保険料を見ていただくとわかりますが、長期契約を扱っている保険会社は代理店型保険なので代理店の中間マージンがあるため保険料がはじめから結構高いです。

ダイレクト型自動車保険に切り替えてたとえ事故を起こしても結果的にダイレクト型保険の方が安くすむということがわかりますよね!

また、ダイレクト型自動車保険も毎年等級が上がると保険料が下がりますので毎年保険料が安くなるというメリットはダイレクト型自動車保険にもあるということです。

全然お得じゃない長期保険が存在する裏事情

では、なぜ長期保険はダイレクト型自動車保険が主流の現在でも商品ラインナップから消えないのか?

それは、やはり代理店や保険会社にとって解約されにくい、継続して保険料が入るため保険会社にとって儲かるのでなくならないのです。

つまりユーザーにとって一切メリットがない!!

これはダイレクト型自動車保険のサイトでも紹介されていますがユーザーにとっては非常に残念とも言えるところです。

長期保険はもう時代遅れ!ダイレクト型自動車保険の見直しが定番化している理由

いかがでしたでしょうか?筆者が思うには長期型の自動車保険は数年前までは確かに割引も効くので少なからずメリットはありました。

ですが、ダイレクト型自動車保険が主流になって直販価格の格安で質の高い事故対応サービスが登場してからはどうしてもメリットがなくなってきています。

少しでも自動車保険を安くお得に利用したい!今では長期契約を解約する最大の理由はこのためなんです!!

 

 

ダイレクト自動車保険のコスパ比較、一括見積もりの人気サービスをランキングで比較

最もお得な自動車保険を各社比較して探すなら、やはり1度の申し込みで複数社の見積もりが可能な自動車保険の一括見積もりがお得です!!


楽天や価格.com、インズウェブ など信頼性のある企業も参入していますので信頼性が高く保険会社の公式ページから申し込むよりも、一括見積もり経由で比較した方が圧倒的に安くなります!!
1位:保険の窓口のインズウェブ 最短5分、最大20社の保険料相場が一覧で分かる!一括査定の中でも最安見積もりが期待できる
2位: 楽天自動車保険一括見積比較 楽天が運営する自動車保険の一括見積もり。1,111円相当の楽天ポイントがもらえるのが特徴。楽天会員なら個人情報の入力も省略できる
3位:自動車保険の一括見積もり保険スクエアbang! 業界大手ニュートンフィナンシャルコンサルティンググループの自動車保険比較サービス。ウェブクルー、保険スクエア、ズバット自動車保険比較は全て同じ代理店
4位:【価格.com自動車保険】無料一括見積もり! 総合・保険料・補償内容・顧客対応・事故対応の5つの視点から独自の満足度に関する比較ランキングは要チェック
5位:ヤフー保険 楽天と人気を二分するも無料見積もりプレゼント特典内容が異なる。ヤフーIDを持っているならおすすめの保険比較です!!
6位:セブン保険ショップ(セブンイレブン) 一日から加入できる1day保険で有名なセブンフィナンシャルサービスが運営する自動車保険比較サービスです!契約手続きがコンビニでできます
7位:イオン保険マーケット イオンモール内に店舗があるためファミリー世帯や主婦層に利用者が多いネット申し込み、店頭申し込みどちらでもOKな保険比較サービス
8位:NTTイフ 自動車保険・損害保険の総合比較サービス。NTTイフだけのオリジナル契約特典やギフトがあるのも特徴
9位:グーネット保険比較 中古車購入を検討されている人にお勧め。検索用のログインIDがあれば個人情報の入力が不要
10位:オリックスカーリースオンライン見積 主に法人、リース社向け。保険料の分割OK。自賠責保険も同時加入可能
11位:ジャパンネット銀行の自動車保険比較 口座をお持ちならおすすめ!内容はインズウェブ の補償と同じ。期間限定の契約特典は家電製品と高額
12位:JAL保険ナビ JALUX保険サービスが運営JALポイントの他に様々なボーナスポイントが付帯するのが特徴の自動車保険比較サービス
13位:ドンキホーテ自動車保険比較 ドンキホーテでも自動車保険の比較が可能。その場で使えるギフト券プレゼントなど20代のドライバーに人気が高い

関連記事

【Tポイント】自動車保険の見積りキャンペーンなど車の維持だけで年間9,395ポイ...

車買い替え時の自動車保険入れ替えタイミングと事前手続きについて解説します!

個人情報不要で見積もりできる自動車保険の試算内容と必要事項をまとめました!

自動車保険は日割り計算されるの?加入月の支払いについて解説します!!

SBI損保の自動車保険見積もりキャンペーンで総額32,000円分プレゼントのもら...

てんかんの持病があると自動車保険に加入できない?