コンパクトカーに最適な自動車保険を比較ランキングを公開します!!


コンパクトカーにおすすめの自動車保険ってどこが良いのかな?見積もり試算して比較してみたい!!

自動車保険は、ボディサイズや車種、走行距離によって保険料がかなり変わってきます。保険会社選びと補償内容を上手に選択すれば、コンパクトカーサイズの年間保険料で3万円以上も安くなった!という事例も多いのです。

今回はコンパクトカーにおすすめの自動車保険会社をおすすめ順に比較、損保ランキングにしてみました〜!!各社それぞれ保険内容に特徴もありますのでぜひ、更新・乗り換え時の参考にしてみてくださいね!

Contents

コンパクトカーの条件を設定

まずは、自動車保険を比較する際に必要なコンパクトカーの条件を設定してみたいと思います!!

私たちの日常生活で身近な存在なだけに実は自動車保険との相性も良くお得になるメリットがたくさんあるサイズです。

  • 排気量661cc以上、2,000cc以内の小型乗用車
  • 予防安全装備が豊富(セーフティーサポートカー)
  • エコカー(電気自動車、ハイブリッド、クリーンディーゼル)

車種例としてアクア・フィット、デミオ、ヴィッツ、パッソ、ノート、ソリオなどが挙げられます

コンパクトカーは、幅広い老若男女関係なく幅広い年齢層に人気なので運転者によって、走行距離や運転地域などがかなり異なってきます。

つまり使用条件によって保険会社と契約内容を細く比較することでかなりの保険料節約に成功することが可能ということなのです!!

自動車保険を比較するときのポイント

次にコンパクトカーにぴったりの自動車保険を比較するときの自動車保険選びでおさえておきたいポイントをご紹介したいと思います!!

  • 事故を起こした時の初期対応力
  • 走る分だけの料金設定がある
  • 各種割引・特約が豊富

インターネットで簡単に申し込み可能なダイレクト型の自動車保険だけでも2018年現在では20社以上あるので迷ってしまいがちですが、この3つのポイントをおさえておくことで自動車保険選びで失敗しにくくなります

コンパクトカーの場合、運転経験が浅い人や女性で運転が苦手な人が乗ることも多いので走行距離が少ない場合や運転者限定の特約をつけることで半額近くまで保険料を節約した例もあるのです。

また、万が一事故を起こした時に即時現場まで駆けつけてくれるサービスも重要ですから車両保険未加入よりも、できれば割安な車両保険に加入できるのであれば安心ですよね。

特に初期対応力が大事なポイントで、万が一事故を起こした場合の保険会社の最初の動きの良さはとても重要になり、差が出やすいところなので比較する目安になります!!

コンパクトカーの自動車保険がお得になる!おすすめ自動車保険比較ランキングTOP19

▼▼ここで一番お得な自動車保険を見つけました!!▼▼

まずは自動車保険の一括見積もりで保険額を調べる

 

 1位:SBI損保 自動車保険 オリコン顧客満足度No.13つのおすすめ特約プランで車の知識がなくても、必要な特約だけを選ぶことができる。先進安全装備が付いたコンパクトカーだとASV割引対象に。保険料率も良くお得
2位:ソニー損保 事故処理の速さとロードサービス拠点数は業界No.1。もしものときもすぐに駆けつけてくれて解決スピードが早いので安心。走行距離に応じた保険料も他社より細分化されていて幅広い世代が乗るコンパクトカーにはお得
3位:チューリッヒ保険 保険料の安さ重視か、事故対応サービス重視か使い方によって契約プランを組み替えられるのが特徴。コンパクトカーに多いエコカー割引や特約も豊富
4位:イーデザイン損保 東京海上日動の子会社なので、代理店型自動車保険並みのネットワークが格安で加入できるのが最大のメリット。ロードサービス拠点や提携整備工場がダントツに多い
5位:アクサダイレクト 24時間365日事故対応。受付ではないので深夜でも即時対応してくれるので安心。外資系大企業AXAが運営会社なので経営が安定していて保険料も安い
6位:三井ダイレクト損保 割引・特約が豊富なのでコンパクトカーは割引対象になることが多い。安さ重視の保険なので保険料見直しで利用される人が多い
7位:セゾン自動車火災  40代から50代にかけての保険料の下り方が大きく家族割でさらにお得に安全装備つきコンパクトカーも特約対象になる
 8位:損保ジャパン日本興亜  近所の中古車店や自動車整備工場が扱っていることが多いので、全て店員さんにお任せで加入しやすい特徴
 9位:あいおいニッセイ同和損保 対歩行者障害特約、無過失事故特約などショッピングなどで街乗りが多いコンパクトカーにおすすめな安心特約が充実している イオンの保険店舗でも加入できる
 10位:東京海上日動 ディーラーやカーリース店で取り扱いが多いロードサービス・事故対応ともに24時間、事故処理の早さと対応力はトップクラス、ただし保険料が高め
 11位:朝日火災海上 長期保険ASAP6が特徴。3等級下がるような事故を起こしても事故有りの割増比率0なので保険料が上がらない
 12位:三井住友海上火災  新車特約を始めコンパクトカーでも新車・中古車それぞれに有効な特約が用意されている、またプランも単純でわかりやすい
 13位:AIG損保  車に乗っていない時の人身障害の補償も基本補償に付帯されるのが特徴。お買い物中など私有地での事故でも安心
 14位:共栄火災  地方都市の自動車整備工場との提携数が多いので車の故障やトラブルの処理速度が早く対応が柔軟
 15位:全労済 最大22等級まで他社より無事故割引率が高い。ハイブリッド車割引などコンパクトカーには嬉しい割引が多い
 16位:そんぽ24  損保ジャパンのロード補償が受けられるダイレクト自動車保険。走行距離の応じた保険料が細分化されているのも魅力。比較用としておすすめ
 17位:セコム損保 レッカー無料距離が100kmと他社の倍。セコムスタッフによる現場急行サービスの初期対応の早さが初心者ドライバーに安心
 18位:日新火災  基本補償範囲外となる相手の過失範囲や、修理補償額超過分などの特約が充実高額補償が必要になった時に強い
 19位:チャブ保険  弁護士費用特約が500万円までと他社より200万円高い。特にコンパクトカーユーザーの割合が多い女性が事故によるにトラブルに巻き込まれた時に安心

自動車保険の比較ランキングをご紹介しましたが、

一見同じように見える自動車保険でもディーラーや中古車店舗で契約する代理店型とインターネットで無料見積もりができるダイレクト型で比較しても全く保険料が異なります。

また自動車保険は特約のつけかたによっても加算される金額が変わってきますので、保険会社ごとに特徴を比較してみる必要があります!

自動車は人のライフスタイルによって使い方や運転頻度、地域、年齢、走行距離が異なります。

そのため誰にでもおすすめできる基本補償+特約というのは都度見積もりをとる必要があるため自動車保険を各社比較することは面倒でも一度はやっておきたいところです。

数ある各社自動車保険を簡単に比較して検討するには自動車保険の一括見積もりが一覧で保険料を比較できて便利です。

まずは自動車保険の無料見積もりから!ダイレクト自動車保険のコスパ比較、一括見積もりの人気サービスをランキングで比較

コンパクトカーだけでなく最もお得な自動車保険を各社比較して探すなら、やはり1度の申し込みで複数社の見積もりが可能な自動車保険の一括見積もりがお得です!!

楽天や価格.com、インズウェブ など信頼性のある企業も参入していますので信頼性が高く保険会社の公式ページから申し込むよりも、一括見積もり経由で加入した方が圧倒的に安くなりますのでぜひ、チェックして見てくださいね!!

1位:保険の窓口のインズウェブ 最短5分、最大20社の保険料相場が一覧で分かる!一括査定の中でも最安見積もりが期待できる
2位: 楽天自動車保険一括見積比較 楽天が運営する自動車保険の一括見積もり。1,000円相当の楽天ポイントがもらえるのが特徴。楽天会員なら個人情報の入力も省略できる
3位:自動車保険の一括見積もり保険スクエアbang! 業界大手ニュートンフィナンシャルコンサルティンググループの自動車保険比較サービス。ウェブクルー、保険スクエア、ズバット自動車保険比較は全て同じ代理店
4位:価格.com自動車保険一括見積もり 総合・保険料・補償内容・顧客対応・事故対応の5つの視点から独自の満足度に関する比較ランキングは要チェック
5位:ヤフー保険 楽天と人気を二分するも無料見積もりプレゼント特典内容が異なる。ヤフーIDを持っているならおすすめの保険比較です!!
6位:セブン保険ショップ(セブンイレブン) 一日から加入できる1day保険で有名なセブンフィナンシャルサービスが運営する自動車保険比較サービスです!契約手続きがコンビニでできます
7位:イオン保険マーケット イオンモール内に店舗があるためファミリー世帯や主婦層に利用者が多いネット申し込み、店頭申し込みどちらでもOKな保険比較サービス
8位:NTTイフ 自動車保険・損害保険の総合比較サービス。NTTイフだけのオリジナル契約特典やギフトがあるのも特徴
9位:グーネット保険比較 中古車購入を検討されている人にお勧め。検索用のログインIDがあれば個人情報の入力が不要
10位:オリックスカーリースオンライン見積 主に法人、リース社向け。保険料の分割OK。自賠責保険も同時加入可能
11位:ジャパンネット銀行の自動車保険比較 口座をお持ちならおすすめ!内容はインズウェブ の補償と同じ。期間限定の契約特典は家電製品と高額
12位:JAL保険ナビ JALUX保険サービスが運営JALポイントの他に様々なボーナスポイントが付帯するのが特徴の自動車保険比較サービス
13位:ドンキホーテ自動車保険比較 ドンキホーテでも自動車保険の比較が可能。その場で使えるギフト券プレゼントなど20代のドライバーに人気が高い

各社ディーラーが取り扱っている自動車保険を徹底比較!!

自動車メーカーのディーラーは新車購入の購入費用をサポートする様々な特典がついた独自の自動車保険サービスを展開しています。

自動車保険そのものとして安くはないのですが、クレジットローンと一体型になった保険プランや、事故やトラブルの際に保険を使わなくてもディーラーと連携した手厚い補償が受けられるサービスがあります。

特に事故や保険を使った場合でもディーラーで対応できる一定の保証範囲内であれば保険料が上がらないメリットには注目です!!

トヨタ
  • コンビニプラン
  • カップるプラン
  • まとめてバリュープラン
自動車保険とローンをまとめて支払いができる。万が一保険を使った場合でも保険等級が変わらない
ホンダ ホンダ自動車保険あんしんプラン 保険の対人・対物認証だけでなく窓ガラス・キーシリンダー・いたずらなどが無償補償になる
マツダ マツダ自動車保険スカイプラス コンパクトカークラスなら保険を使わずに事故・ノンフリート等級に関係なく修理代金を50,000円まで補償

トヨタディーラーで加入できる自動車保険

トヨタディーラーで加入できる自動車保険には、

  • あいおいニッセイ同和損保のコンビニプラン
  • 三井住友海上のカップるプラン
  • 東京海上日動のまとめてバリュープラン

3種類のプランがあります。いずれも自動車保険をトヨタのクレジットローンと一体化して3年間の長期契約をすることで、保険料の支払いがずっと一律金額になります

そのため、加入当初から割安で加入することができるのですが、

年数が経っても保険等級に関係なく保険料が一定なので毎年メリットは少なくなってくることや、自動車ローンと一体になっているため解約がしにくく、保険を解約した場合に解約違約金が発生してくるデメリットも併せ持つ保険プランになります。

ホンダ自動車保険あんしんプランのメリット

ホンダ自動車保険あんしんプランの保険会社は、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上を選ぶことができます。いずれも、通常の自動車保険のプランに対して、いたずらや車上荒らしに対しての補償特約がつきます。また行きつけのホンダディーラーによるサポートがありますのでもしもの時もあんしんの自動車保険です。

ちなみに補償額は最大で10万円まで。保証内であれば保険等級が上がることなく無償で修理してもらうことが可能です。ちなみにホンダ自動車保険あんしんプランにはいたずらや車上荒らしによる小傷、窓ガラス破損の補償が出ますが、盗難補償はついていません

つまり、車内に置いていた装備品や財布などの貴重品に関しては補償対象にはなりませんので、ダイレクト自動車保険と比較して割高になるものの盗難補償がない内容は本当にコスパが良いのかどうかを車の使用頻度に合わせて検討するのがおすすめです!

ちなみにコンパクトカーならサポカーやハイブリッドモデル、クリーンディーゼルであれば2%程度割引が効きます。

マツダ自動車保険スカイプラスのボディリペア補償とは?

マツダ自動車保険スカイプラスは、マツダディーラーで購入した車であれば1年に1回、5,000円の実費負担で最大50,000円分のボディリペア補償が受けられます。

ちなみに、車両保険未加入でも事故を起こしていなくても走行中についた小傷や擦り傷、凹みなどでも補償対象になります。つまりいつまでも新車の綺麗な状態を保つことができる付帯サービスつきという保険プランです。引き受け保険会社は三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパンのうちいずれか選択することになります。

ディーラーで加入できる自動車保険は、代理店型&手数料がかかり解約のタイミングが難しい!加入価値があるのか比較検討すること!!

ディーラーで加入できる自動車保険はいずれも引き受け保険会社が代理店型の自動車保険なのでダイレクト通販型自動車保険と比較して5〜10%近く年間保険料が高いです。

また、長期契約を必要とするクレジット一体型自動車保険を筆頭に解約時に解約違約金が発生したり、本当に使いタイミングなんてあるのか?

と考えさせたれる付帯サービスがついていたりもしますので、純粋にネットからダイレクト自動車保険に加入した方がトータル的にお得に加入できることがほとんどです!

ですが、車を購入したディーラーに相談ができたり各種サポートを受けることができるので加入時の安心感は大きいと思いますので、ディーラーならではの至れり尽くせりのサポートを受けるか、コスパ重視でネットでソニー損保やチューリッヒをはじめとしたダイレクト型自動車保険に加入するのが良いのか十分に比較した上で加入するようにしましょう!!

女性や初心者でも運転しやすいコンパクトカーにおすすめの安心補償を比較

  • 事故現場への駆けつけサービス
  • 24時間365日、土日祝でも事故対応
  • 弁護士費用特約が300万円以上

女性や初心者の人にとって車幅感覚がつかみやすいためとても運転しやすく、また安全装備も充実しているため人気が高いコンパクトカー。

もしもの事故の際には、安心できる補償内容の自動車保険を選ぶポイントは事故対応力があるどうかです!

まず抑えておきたいのは初期対応の早さです。やはり運転経験が少ないと事故を起こした時にどうして良いのか分からなかったり、パニックになってしまうことも多いです。

セキュリティー会社と提携しているかを比較

保険会社はセコムやアルソックなどセキュリティー会社、位置情報GPSアプリサービスと提携して事故通報があったら即座に急行できる体制が整っているかどうかを重視する必要があります。

ちなみにセキュリティー会社は現場で事故による交通整理や、相手先の連絡先確認、事故現場の写真撮影、ロードサービスの手配など全てを行ってくれるので気が動転して何もできない状態でもセキュリティー会社に電話一本さえ入れればとても安心です。

セキュリティー会社と提携している保険会社はソニー損保やアクサダイレクト、SBI損保となります。

24時間365日事故対応かどうかを比較

保険会社の事故受付の対応を比較するポイントとしては受付のみなのか受付後すぐに対応してくれるのかどうかです。

受付のみを24時間365日対応していても、事故の報告を受付つけるだけで土日祝は休みで事故対応が週明けの月曜日になる保険会社があるので注意が必要なんです。

事故後すぐに対応してくれる、事故当日に相手に連絡をとってくれて示談交渉に入ってくれる。補償金が事故発生当日に支払われるなど迅速な対応が可能な会社を選ぶことが大切です。

ちなみに事故対応に関して専任の担当者がいる。示談交渉・示談交渉・ロードサービスそれぞれにチーム体制があって対応が早いなどであれば尚、安心です。

事故対応で信頼性の高い保険会社はソニー損保、イーデザイン損保、チューリッヒ保険などがおすすめです。

ロードサービスは拠点数が多さで比較!!

事故で自走不可になった車両はレッカーを使う必要があるのですが、知らない地域での事故や、辺鄙な場所での事故トラブルの場合ロードサービスの拠点が遠いと最長1時間くらい現場で待たされる場合があります。

そんな時、ロードサービスは拠点数が多いほど事故現場への到着が早くなりやすいのです!!

高速道路や見通しの悪い交差点、スマホの電波が届かない場所では2次災害が起こる可能性もあり非常に危険で命に関わる場合や思わぬ損害賠償が発生する場合もあります。

ロードサービスの拠点数が多いことは非常に重要で、早く到着してくれる保険会社を選ぶことで事故被害や周りへの迷惑を最小限に抑えることが可能です!!

ロードサービスの拠点数の目安としては日本国内に8,000拠点以上あれば連絡から到着まで10分〜15分程度で到着してくれますので安心です。

東京海上日動、イーデザイン損保、三井ダイレクト損保、ソニー損保などです。

弁護士費用が300万円以上かどうかを比較

もらい事故(おかま事故など停車中で過失が全くない場合の事故)では保険会社が法律上、示談交渉ができないので自分と相手が加入している保険会社と直接交渉する必要があります。

ですが、例えこちらに過失がない事故でも個人での示談交渉はなかなかスムーズに進まないことが多いです。

具体的には相手の保険会社も営業ですから示談金をできるだけ少額に抑えることが目的ですので、破損した車の修理代金や怪我をした時の医療費満額が出ず納得できないことが多々あります

相手が悪質な場合だと、自動車保険に加入していなくて賠償能力がない場合もありますからそんな時に弁護士特約はとても役立ちます。

示談交渉について弁護士に依頼すると平均費用相場としてだいたい60〜90万円程度が相場になりますが、示談交渉が長引いた場合や死亡・後遺症障害でさらなる控訴が必要な場合など追加費用が必要になるときに200万円以上必要になったケースもあります。

そのため300万円以上の弁護士費用特約はつけておく必要があります。おすすめの保険会社はSBI損保、ソニー損保、セゾン自動車火災、チャブ保険などが良いです。

もらい事故の場合に活きてくる、弁護士特約の必要性!!

全ての自動車保険に該当することですが、停車中に追突事故でおかまを掘られた場合など、こちらの過失割合が0の場合は加入している自動車保険が示談交渉に介入できない契約条件が必ずあります

加入している自動車保険が示談交渉に介入しないとどうなるか?というとこちらが被害を被っている状態で、相手が加入している保険会社に都合良く言いくるめられて被害補償を十分に受け取れなかったりします

また最悪の場合だと、相手が自動車保険に未加入で賠償不能のため、愛車が破損したまま、入院費を負担してもらえないまま、補償してもらえずに自費から捻出しないといけないなど泣き寝入りしないとならない状態になります。

そんな時に、効果を発揮するのが弁護士特約で加入しているともらい事故でも弁護士が保険会社の代わりに介入してくれるため被害を最小限に抑えられることが可能になります!!

やはり素人の私たちが交渉する場合と、弁護士が法的に介入する場合とでは交渉力も違いますし何よりプロにお願いすることで安心して任せられます。

予防安全性能やハイブリッドなどコンパクトカーにおすすめの割引特約を比較

他のサイズの車と比較してコンパクトカーは高性能な先進安全装備の装着率が非常に高く、割引特約が使いやすいのが特徴です。

実は、自動車保険には様々な割引特約があってコンパクトカーに乗る場合、11種類の適用可能な割引特約があります

それぞれの保険会社によって割引率や適用になる特約が異なりますがここでは全ての特約をご紹介しますので、ぜひ自動車保険選びの際の参考にしてみてくださいね!!

ゴールド免許割引

ゴールド免許の割引率・・・10%〜20%割引

5年間無事故・無違反を継続している優良なドライバーはゴールド免許になることは皆さんご存知だと思いますが、保険料が割引になるメリットもあるんです!!

しかも、最大20%も割引になる保険会社もあります。例えば一番割引率が高いSBI損保によると年間保険料が36,980円であればゴールド免許割引が適用になると29,880円まで節約できることになりますので必ず比較したい割引特約になります。

ゴールド免許の割引率の高い保険会社は、SBI損保、ソニー損保、損保ジャパン日本興亜となります。

型式別料率クラス制度

コンパクトカーの料率クラス相場・・・3〜5

自動車保険料の基準設定をしている損害保険料率算出機構による自動車の型式ごとの損害率に応じた9つのクラスで保険料を算出している制度になり数字が低いほど保険料が安くなります。

また、料率クラスは対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、車両保険の4つの補償ごとに振り分けられトータルで保険料が算出されます。

ちなみにコンパクトカーの場合は3〜5あたりがほとんどですので割安な保険料で加入することが可能です。型式別料率クラスについては保険会社によって違いはありません。

運転者の範囲

  • 本人限定・・・7%〜10%割引
  • 本人・配偶者限定・・・5%〜8%割引
  • 家族限定・・・1〜3%割引

自動車保険の補償対象となる運転者を限定することで割引になります。本人限定の場合は自動車保険を契約した被保険者のみ。本人・配偶者限定は奥様と2名のみ。家族限定は配偶者に加え、同居している家族と別居している未婚の子供に限り適用になります。

コンパクトカーはご家族で共有されていることが多いので家族限定の保険に加入されている場合が多いのですが、本人だけに限定することでかなりの保険料節約になりますので見直してみる価値はありそうですね!!

割引率が良い保険会社は、SBI損保、損保ジャパン日本興亜、JA共済となります。

インターネット割引

  • 新規契約で5,000円〜10,000円割引
  • 継続契約で2,000円〜3,000円割引

ダイレクト型自動車保険は割安な保険料で加入できる自動車保険でインターネットからの申し込みになります。

もちろんフリーダイヤルからの電話申し込みも可能なのですが、インターネットの受付窓口で申し込むことで最大10,000円分の割引が適用になりますのでとてもお得です!!

ちなみに割引が適用になるのは、ソニー損保、チューリッヒ保険、SBI損保、アクサダイレクトなどダイレクト型自動車保険なら必ず割引キャンペーンを実施しています。

エコカー割引

初年度登録から1年以内の自動車保険加入で一律3%割引

コンパクトカーの場合、フィットハイブリッドや、ノートe-power、アクアをはじめ新車で購入すると大半の車種が対象になってくるエコカー割引ですがハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車、CNG車(圧縮天然ガス自動車)の対象になっていれば、割引が受けられます!

ダイレクト自動車保険、代理店型自動車保険関わらず大抵の自動車保険は割引適用になります。

ASV割引

衝突被害軽減ブレーキ(AEB)装着車に限り一律9%割引

ASV割引があるコンパクトカー対象車種でも紹介していますが衝突被害軽減ブレーキ装置(ASB)、車速車間制御装置(ACC)、車線逸脱防止システム、横滑り防止装置(ESC)が装着されている車種に限り割引が適用になります。

2018年1月から適用開始されたばかりの割引制度になりますが、コンパクトカーには対象車種が多いのでぜひチェックしておきたいところです。

ASV割引適用の保険会社は、SBI損保、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、あいおいニッセイ同和損保などがおすすめです!!

新車割引

  • 新車購入から25ヶ月以内の加入に限り11%〜15%割引
  • 車両保険は49ヶ月以内の加入に限り10%〜25%割引

新車割引の割引率が一番大きいので、新車購入と同時に乗り換え時に合わせて保険料を見直すかたも多いです。自動車保険は新車を購入したディーラーで加入するのが手軽で楽なのですが、実際はディーラーで加入すると割高な代理店型の保険会社になるので損してしまう可能性があります!!

できれば新車を購入したら、一度ダイレクト自動車保険も合わせて一括見積もりで比較してみるのが大切なのかもしれません。

耐損傷性・修理性割引

  • 6等級で車両保険が26%割引
  • 6等級以外は車両保険が16%割引

保険会社独自の評価基準で修理のしやすい車かどうか、壊れやすい車かどうかによって車両保険が割引になる特約です。

保険会社によって評価基準はかなり変わってきますが事故で損傷した時に壊れやすいかどうかによって保険料が変わる仕組みになっています。

ただしコンパクトカーの場合は歩行者に怪我をさせないように意図的に壊れやすいボディになっている設計の車種もありますので各保険会社に見積もりをお願いするか一括見積もりで比較してみるのがおすすめです!

耐損傷性・修理性割引を適用している保険会社はあいおいニッセイ同和損保が有名で主に高級車に適用されることが多いです。

長期優良契約割引

3〜7年の継続した長期契約で3〜10%割引

近年はダイレクト型自動車保険の登場で注目されなくなってきていますが、長期間契約・継続されている人にオススメしたい割引特約です!!

主に朝日火災海上やあいおいニッセイ同和損保のみで取り扱っている保険プランです。毎年の保険継続が面倒くさいということであれば別ですが、最近は長期契約を申し込むよもダイレクト型自動車保険で見直しをした方が安くなることがありますので、

長期契約で割引になる保険会社とダイレクト型自動車保険の保険料で3年〜7年間契約した場合を比較して見直してみるのも良いと思います。

ノンフリート多数割引

  • 2台・・・3%〜4%割引
  • 3〜5台・・・4%〜5%割引
  • 6台・・・5%割引

他社からの乗り換えでノンフリート等級を引き継ぐ場合で2台以上契約するときに割引になります。

コンパクトカーの場合、ご家族で複数台お持ちの家庭が多く、コンパクトカーをセカンドカーにメインの車にミニバンやSUVなどをお持ちの場合があります。

そんな時に、同じ保険会社で同時契約することで割引が適用になるので複数台を同時見積もりするとき比較の参考になります!!

証券ペーパーレス割引

保険証券を発行しない場合、保険料を500円引き

ダイレクト型自動車保険の場合、保険証券を発行せずにマイページから確認のみにすることで保険料が500円引きになります。

保険証券は事故を起こした時や、自動車保険を見直しする時に必要になりますが基本的に書面で持っている必要はなくスマホやパソコンで加入している保険会社のマイページにログインして確認・提示することで事足りるものですので、500円とわずかにはなりますが割引を適用してくれる保険会社は多いです。

割引特約が多い保険会社は結果的に年間保険料が安くなる可能性大!!

自動車保険の割引特約については保険会社によって割引率や適用範囲も様々です。ですがコンパクトカーは割引適用になることが多いので、割引が多い保険会社を選ぶことが結果的に安くなります。

一括見積もりやインターネットの保険料シミュレーションを利用して試算を比較して安苦なる保険会社をじっくり選ぶことをおすすめします!!

自動車保険の取扱店、見積もり特典を比較

では、最後になりましたが自動車保険の見積もりをする時におすすめしたい取扱店や一括見積もりサービスの比較ランキングTOP13店舗をご紹介してみたいと思います。

ポイントは同じソニー損保などの保険会社でも取扱店が違うと見積もり金額が変わる場合があるということです!!できれば2社以上で保険料の比較してみるのがおすすめです。

自動車保険の見積もりを比較する際にはぜひチェックしてみてくださいね!!

1位:自動車保険一括見積もりのインズウェブ 筆者がソニー損保に一番安い保険料で加入した比較サイトです!T-site経由でTポイントや1,000円分の図書カードがもらえたりします
2位: 楽天自動車保険一括見積比較  コシヒカリ1等で6合分のプレゼントがもらえる!楽天が企画する自動車保険比較サイトです。コンパクトカーの見積もりにも強い!
3位:自動車保険の一括見積もり保険スクエアbang!  ウェブクルー、保険スクエア、ズバット自動車保険比較は全て同じ代理店なので、どれか一箇所の無料見積もりに絞るのが良いです!
 4位:価格.com自動車保険一括見積もり  無料見積もり・契約でダイソンのコードレス掃除機やケンウッド・ドライブレコーダーなどの人気家電製品が当たる保険比較サイトです!
 5位:ヤフー保険  ケンタッキーのチキン3ピース無料引換券が当たる企画も!ヤフーIDを持っているならおすすめの保険比較です!!
 6位:セブン保険ショップ(セブンイレブン) セブンイレブンのマルチコピー機からも申し込み可能な 自動車保険比較サービスです!!契約特典イトーヨーカドーの”あたたかのお米2kg分が当たる企画もあり
 7位:イオン保険マーケット  イオンモールにも店舗があるコンパクトカー所有者に多い主婦層も気軽に利用できる自動車保険比較です!!
 8位:NTTイフ  新規見積で1,000円相当のお米ギフト券が当たる企画あり!保険料が一覧表示なので女性や初心者にも比較しやすく人気!!
 9位:グーネット保険比較  コンパクトカーに力を入れているグーネットの自動車保険比較サイトです。見積もりも他社より安いことが多く比較には最適!
 10位:オリックスカーリースオンライン見積 ソニー損保を検討中ならおすすめ。個人所有車だけでなく、コンパクトカーに多いリース車向け自動車保険比較におすすめ!!
 11位:ジャパンネット銀行の自動車保険比較  口座をお持ちならおすすめ!ログインIDを利用して簡単に自動車保険の一括見積もりに申し込み可能!!
 12位:JAL保険ナビ 以前は マイルが貯まりましたが、JALポイントがたまる特典付きの自動車保険無料比較サービスです!!
 13位:ドンキホーテ自動車保険比較  ドンキホーテ店舗で使えるギフト券が当たる自動車保険の一括見積比較サービスです!他社との保険料比較用におすすめです。

 

自動車保険年間保険料の安さを徹底比較・ランキングBest3

では先ほどご紹介した自動車保険会社の全19社の中から年間保険料が安い順に比較・ランキング形式で上位3社をピックアップしました!!

参考資料:オリコン自動車保険比較ランキングより

1位:SBI損害保険

SBI損保で保険料はどれくらい変わる?(代理店から乗り換えた場合の保険料の違い)

65,330円→49,370円

※記載はコンパクトカーの目安です。年齢・等級・車種・免許証の色などで違いがあるため、価格を補償するものではありません。

年間走行距離、年齢、使用目的はもちろん車両保険のプランも選べる種類が他社の3倍近くプランが多く、選択の自由度が高いのでコスパが良い、保険料は他社と比較しても圧倒的に安くなることが期待できる保険会社です!!

2位:チューリッヒ保険

チューリッヒで保険料はどれくらい変わる?(代理店から乗り換えた場合の保険料の違い)

65,330円→51,032円

※記載はコンパクトカーの目安です。年齢・等級・車種・免許証の色などで違いがあるため、価格を補償するものではありません。

外資系なので保険料が格安。事故対応補償が充実したスーパー自動車保険と安さ重視のネット専用自動車保険がありそれぞれ用途に応じて選択できる。どちらにしても満足度は高くおすすめの保険会社です。

3位:セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

セゾン自動車保険で保険料はどれくらい変わる?(代理店から乗り換えた場合の保険料の違い)

65,330円→52,243円

※記載はコンパクトカーの目安です。年齢・等級・車種・免許証の色などで違いがあるため、価格を補償するものではありません。

年齢別で保険料が安くなる自動車保険。40代・50代で安い自動車保険に乗り換えたいなら特におすすめです!!

他社でも40代・50代の保険料は比較的安くなりますが、セゾン自動車保険の場合はさらに安くなる傾向があるので一括見積もりで他社と比較して安さを確認してから契約するのが良いです。

保険料の見直しで年間1万円以上も安くなる事例

私は今まで、自宅近くのマツダディーラーが取り扱っている東京海上日動火災保険のトータルアシスト自動車保険に加入していて補償内容も至れりつくせりだったのですが、代理店型の自動車保険は正直、年間保険料が高くて家計の負担になります

これを自動車保険料の見直しをきっかけに今回私はダイレクト通販型自動車保険に乗り換えしたのですが私の場合は、SBI損保に乗り換えて実質年額15,367円の保険料節約に成功しました!!

私のはコンパクトカーなのでまだまだの方らしく年間保険料が5万円以上も安くなった人もいるのだとか…

ちなみに私は今34歳で乗っている車種は、平成25年式のマツダのデミオです。コンパクトカーですし車両保険も加入しておらずオプションもなしでした。

年間走行距離もそこそこ走るので自動車保険料を見直ししてもそんなに安くなると思っていなかったのですが、年間保険料で計算すると結構安くなったので、結果的に満足しています。

自動車保険の一括見積もりで安くなった保険料で浮いたお金を利用して車両保険にも加入することができているのです!! 

▼▼まずは無料の自動車保険一括見積もりで保険会社を比較!!▼▼

ここが一番お得でした!!保険料を一度に表示

完全無料インズウェブの自動車保険一括見積

 

自動車保険を比較するポイントは事故対応力

自動車保険を比較するための最も重要なポイントは事故対応力です!

万が一の事故の際にしっかり対応してくれないと自動車保険に入っている本来の意味がありませんよね。

事故対応には事故受付・初期対応(現場駆けつけサービス)・事故処理(示談交渉など)の3つがありますが、それぞれに充実したサービスを提供している保険会社であること。自身のカーライフに合った補償内容かどうかが大切です。

事故対応力があるとどれだけ安心?口コミ体験談をまとめました

  • 運転が苦手な妻が物損事故を起こし、パニックになっていたようだが現場急行サービスが10分で駆けつけてくれたので本当に助かった。
  • 深夜の国道で自損事故を起こして立ち往生していたが、丁寧な電話対応で24時間稼働しているレッカーサービスが来てくれた
  • 通勤ラッシュの時間帯に自損事故を起こし、渋滞までできて焦っていたが駆けつけサービスが来て交通整理をしてくれたので助かった
  • 軽い自損事故を起こしたが、細かいことでも丁寧に説明してくれて保険金の支払いも早かった
  • 事故の相手がヤクザ地味た変な人だったが、保険会社が示談交渉まで全てやってくれたのでスムーズだった
  • 示談交渉時に逐一連絡をくれたので納得のいく内容で解決できた

事故対応力は事故を起こした時にどれだけ充実した補償でカバーしてくれるかが問われるところです!!

また、ロードサービスや示談交渉など自分自身では解決できない事故処理を安心して任せられることで事故処理時トラブルになったり、不利な状況になることを防ぐことができるため、

安い自動車保険を選ぶだけではいけないことを認識しておきましょう

事故対応力がある保険会社を見極めるポイント

事故対応力がある保険会社を見極めるポイントとして重要なのは、初期段階の対応(事故受付→事故駆けつけ)が迅速かどうかです!

自動車保険の事故対応の良し悪しはここで決まってくるといっても過言ではないほどです。他の対応面はどこの保険会社を比較してもさほど変わりません。

  • 24時間事故受付
  • セキュリティー会社の事故現場急行サービスがある
  • ロードサービスが全国に8,000拠点以上ある

これら3つの事故対応サービスがあるとまず間違いなく事故対応力がある保険会社と言えます。

自動車保険年間保険料の事故対応力を徹底比較・ランキング

では冒頭でご紹介した自動車保険会社の全19社の中から事故対応力に定評のある保険会社順に比較・ランキング形式で上位3社をピックアップしました!!

1位:イーデザイン損保

  • 24時間事故受付
  • セコム現場駆けつけサービス
  • ロードサービス9,300拠点以上

自動車保険最大手の東京海上自動車保険のネットワークを利用した24時間体制の事故受付と、連絡から10分程度で駆けつけてくれる初期対応はダントツナンバーワンの評価です。また無事故を継続すると割引がきく独自の無事故割引も人気です。

2位:ソニー損保

  • 24時間事故受付
  • セコム現場駆けつけサービス
  • ロードサービス9,000拠点以上

保険料は最安とは言えませんが、事故解決に対してはイーデザインと人気を二分する保険会社です。対物超過修理費用や弁護士費用の補償など自身に必要な補償内容を選べるのでコスパが良く評判の良い保険会社です。

3位:チューリッヒ保険

  • 24時間事故受付
  • ロードサービス9,000拠点以上
  • レッカー100km補償
  • 帰宅・宿泊費用限度なし

現場駆けつけサービスこそないものの、事故対応の補償内容はそれに余りあるほど条件が良いです。特にロードサービスは他社の倍の距離が無料になりますので、遠方でのトラブルでも安心です。

ダイレクト自動車保険のコスパ比較、一括見積もりの人気サービスをランキングで比較

最もお得な自動車保険を各社比較して探すなら、やはり1度の申し込みで複数社の見積もりが可能な自動車保険の一括見積もりがお得です!!


楽天や価格.com、インズウェブ など信頼性のある企業も参入していますので信頼性が高く保険会社の公式ページから申し込むよりも、一括見積もり経由で比較した方が圧倒的に安くなります!!
1位:保険の窓口のインズウェブ 最短5分、最大20社の保険料相場が一覧で分かる!一括査定の中でも最安見積もりが期待できる
2位: 楽天自動車保険一括見積比較 楽天が運営する自動車保険の一括見積もり。1,111円相当の楽天ポイントがもらえるのが特徴。楽天会員なら個人情報の入力も省略できる
3位:自動車保険の一括見積もり保険スクエアbang! 業界大手ニュートンフィナンシャルコンサルティンググループの自動車保険比較サービス。ウェブクルー、保険スクエア、ズバット自動車保険比較は全て同じ代理店
4位:【価格.com自動車保険】無料一括見積もり! 総合・保険料・補償内容・顧客対応・事故対応の5つの視点から独自の満足度に関する比較ランキングは要チェック
5位:ヤフー保険 楽天と人気を二分するも無料見積もりプレゼント特典内容が異なる。ヤフーIDを持っているならおすすめの保険比較です!!
6位:セブン保険ショップ(セブンイレブン) 一日から加入できる1day保険で有名なセブンフィナンシャルサービスが運営する自動車保険比較サービスです!契約手続きがコンビニでできます
7位:イオン保険マーケット イオンモール内に店舗があるためファミリー世帯や主婦層に利用者が多いネット申し込み、店頭申し込みどちらでもOKな保険比較サービス
8位:NTTイフ 自動車保険・損害保険の総合比較サービス。NTTイフだけのオリジナル契約特典やギフトがあるのも特徴
9位:グーネット保険比較 中古車購入を検討されている人にお勧め。検索用のログインIDがあれば個人情報の入力が不要
10位:オリックスカーリースオンライン見積 主に法人、リース社向け。保険料の分割OK。自賠責保険も同時加入可能
11位:ジャパンネット銀行の自動車保険比較 口座をお持ちならおすすめ!内容はインズウェブ の補償と同じ。期間限定の契約特典は家電製品と高額
12位:JAL保険ナビ JALUX保険サービスが運営JALポイントの他に様々なボーナスポイントが付帯するのが特徴の自動車保険比較サービス
13位:ドンキホーテ自動車保険比較 ドンキホーテでも自動車保険の比較が可能。その場で使えるギフト券プレゼントなど20代のドライバーに人気が高い

関連記事

東京海上日動の自動車保険の更新を忘れないようにする方法と注意点を解説します!!

アクサダイレクト自動車保険のキャンペーンをまとめてみた決定版!!

ソニー損保の自動車保険見積もりキャンペーンで総額25,000円分の特典のもらいか...

ソニー損保・自動車保険料の支払いでデビットカードを使用する条件

NO IMAGE

【自動車保険19社】資料請求を電話ですぐに取得する方法をまとめました!

自動車保険は日割り計算されるの?加入月の支払いについて解説します!!