車一括査定の電話勧誘がしつこい!上手な断りかたと注意点について


車一括査定の勧誘って複数社から同時に電話がありますよね

なんだか無理矢理売らされている感があってなんだかうざいしイヤだな〜って事ありませんか

車一括査定の査定額に納得いかなかった場合、しつこい勧誘を止めるためにも他社で売るという意思をはっきり伝えることで断ることが可能です!

車一括査定はなびくる、楽天や価格ドットコム、かんたん査定ガイド、ズバットなど有名サービスが多いですが実際、高額で売却できることは期待できます。

ですがその際に、最大10社以上の買い取り専門店からの売買契約に対するしつこい勧誘を受ける場合があることが唯一のデメリットです。

今回は、そんなしつこい督促や勧誘からきっぱりと上手に断って、勧誘をなくす方法と注意点を知っておくことで安心して売却できる方法をご紹介してみたいと思います!!

そもそもどんな勧誘なの?なぜしつこく感じるの?

車一括査定の勧誘は、車査定をするための立会いの約束を取り付けるための勧誘がしつこいと言われる原因となっています。

一括査定は買い取り専門店複数社に同時に申し込みが入るので、どこの買取業社も立会い時間を早く取り付けることができればそれだけ有利に買取が進められるからなんです。

実際、私たちが申し込みをしたら別に10社も査定して欲しくはないですよね?できれば2〜3社だけ立会いの約束をして最も高値買取してくれる業者があればそこに売ってしまうことがほとんどですし、全部の買取業社を相手にするのはちょっと面倒ですよね。

買取業社もそれが狙いで、立会いの連絡が遅くなるほど買取の確率が下がるので一括査定を申し込んだ時点で、競争のように怒涛の電話を仕掛けて来るためしつこい!と感じてしまうのです。

もちろん連絡が来た全買取業社の査定額をみてじっくり検討してみるのも良いかもしれませんが、大抵の場合は面倒なので何社か立会いする業者を絞ったら不要そうな業者からの連絡は断ってしまいましょう。

ちなみに、出張査定の立会い時に売買契約をしないと営業マンが帰らないという悪い口コミも多いですが、最近では査定額が出た後の無理な売買契約に対しての督促は規制されていますので安心して良いと思います。

立会時間を10分単位の前倒しで刻んでくる理由

一括査定に申し込むとまず1社目の立会い時間を決めることになります。

例えば、お仕事が休みの日曜日の午後4時に待ち合わせをすることになったとします。その際、次に連絡をして来た2社目は立会い時間の約束と同時に、他社の約束があるのか?それは何時なのか?という質問をして来ます。

そこで1社目の約束時間を答えると、10分前倒しの3時50分ではどうか?前日ではどうか?という1社目よりも早い時間での立会いを要求して来ます。

もちろん、都合が良ければ良いのですが向こうのペースに合わせる必要はないですし、立会い時間を早くしたからと言ってこちらの査定額が上がるメリットはありません。

査定額は複数社の査定額を競り合わせてこそ高額になるものですので向こうの立会い時間の提案に都合が悪ければきっぱりと断り、こちらの希望時間に来てもらうようにしましょう。(一括査定は基本自宅まで出張してくれますが、最寄り店舗に持ち込むという約束でもOKです)

車一括査定は全部の業者が来るわけではない

ちなみに、車一括査定のサービスが10社の買い取り専門店と提携していたとしたら10社全部から連絡が来るわけではありません。

だいたい提携社数の7割くらい、6〜7社くらいの買い取り店から連絡がくると思っておくと良いです。理由は、お住まいの地域に全部の買取専門店の店舗があるとは限りませんよね。

近くに店舗がない車買取店や買取希望の車種や条件、程度によって得意な買取店、不得意な買取店、買取強化中の店舗、在庫が大量にあるのでそんなに頑張らなくても良い店舗など状況は様々です。

とりあえず連絡が来た買取店とだけ交渉を進めれば十分な高額査定が出ますので、連絡がこない買取店は放っておいてOKです。

複数社でバッティングしても動揺しないこと

立会い連絡をして来た買取店の中には、ハングリー精神旺盛な業者もあって他社との立会いを約束した時間があっても、同じ時間にバッティングさせて同時に立会いをしてくれないか?と頼んで来る強者もいるんです!

私たち売る側からすると一瞬「え?」そんなことして大丈夫なの?

ライバル同士だろうし、こっちだって気まずいし!!

と思ってしまいますが、これは実はよくあることだそうです。

逆に同時に立会い時間を複数社でバッティングさせて立会いさせる方が、その場で買取価格の競争になるので営業マンがやる気なら、本社に掛け合って限界の査定額を出してくれたり他社に負けないために結構頑張って来るため動揺せずにバッティングさせる方が私たちにとっては好都合ということを知っておきましょう 笑

車買取業者同士で事前に買取価格の調整をしていることも

同時立会いで査定額を競り合わせるのは私たちにとってメリットだらけなのですが、タチの悪い営業マンに当たってしまった場合は要注意です。

その場合は、しつこい営業をされるばかりか他社の営業マンと事前に打ち合わせをして、口車を合わせるかのように落とし所の金額を決めて来ているので思った以上に査定額が上がらない場合があります

そんな時は直感で納得できない査定額であれば、「こんな買取額じゃ納得できない。ディーラーで売るなり他で売ってしまうから、せっかく出張してもらったけどやっぱりキャンセルね!」と、両者とも強気に断ってしまうのも一つの方法です。

値段がつかない古い車も高く売れる!は都市伝説

続いて、一括査定で勘違いしやすい注意しておきたいところを解説します。

年式が古い&走行距離が10万キロ以上。などディーラーの下取りでは値段がつかなかった価値のない車両も、一括査定だと高く売れた!!という口コミも多いですし、車買取専門店のテレビCMなどで宣伝されていますよね?

でもあれって半分本当で半分嘘なんです。

どんな車でも高値買取が出るというわけではありません。

確かに一括査定と提携しているガリバー、ビッグモーター、カーチス、アップルなどの車買取業者は海外にも中古車の輸出ルートを持っていますし、古くなった車をお金に変える売却ルートをたくさん持っているため買取不可というわけではないと思いますがやはり物事には限界があります。

古くなった車、過走行の車、修復歴がある車など何でも高く買い取ってくれるわけではなく、値段はつくけど二束三文の買い叩きになる場合もあることだけ知っておきましょう。

また廃車買取専門の車買取専門店もありますので、ガリバーやビッグモーターなど一般の車買取専門店で値段がつかなった場合や、事故車、不動車のような売れるかどうかも分からない車については、以下を参考にされることをおすすめします!!

▼▼廃車買取業者はこんなところ!廃車手続き代行・レッカー無料▼▼
廃車買取や廃車手続き代行でおすすめ業者を比較してご紹介!!

査定額に納得できないなら立会時に断る

車一括査定の査定額の有効期限はせいぜい長くても当日中か1日後です。見積書を発行してもらうとそのように記載されていますので要チェックです。

それ以降は再査定になるか、立会い時にその場で断るようにしましょう。決めきれずにズルズルと後日に引きずると、営業マンも待ちきれずにガンガン督促して来ますので売る側としてもあまり良い気分で売却できませんよね。

急かされずにじっくり決めたい!と思いがちですが査定額の有効期限は元々短いのが業界のルールにあることを知っておくとスムーズに取引ができます!!

立会後のしつこい勧誘を上手に断る方法

車査定を曖昧な回答で避けながら、複数社で価格比較したい場合はどうしても査定を期日ギリギリまで引き伸ばしてしまいがちになりますよね。

売りたい車が買取店の買取強化中の車種であったり、営業マンのノルマが達成できていない時期だったりした場合はやはり立会い後に頻繁に連絡がきます。

査定額の有効期限が切れた後でも、再査定させようとしつこく連絡が来るので売る気がなければ、はっきりと断る必要があります。

断りかたは特になんでも結構です。他社に売ることに決めた。もうしばらく自分で乗ってみることにするなど交渉の余地がないことを明確にすることでしつこい勧誘は完全に断ることが可能です。

売却するなら、立会時もしくは査定後すぐに見積書を出してもらう必要性

次に売却する場合、高額査定が出て査定額にも納得。売却手続きを進めたい場合はまず査定額の見積書を作ってもらうようにしましょう!

見積書は売却時はもちろん、売却後にトラブル防止にも役立ちますので必ず発行してもらう。

もしくは売買契約書にしっかり買取額が詳細に明記されていることを確認してください。

理由は、法律上一度買取した車に不具合が新たに発見された場合や、意図的に故障箇所などを隠して売却した場合。6ヶ月以内なら車の価値が下がった分だけ買取店に返金しなければならないという、私たち売り手にとって難しい規定があります。

売却後にできるだけトラブルにならないよう、不利にならないように査定額が記載された書類を発行してもらうことは非常に重要です!!

車一括査定は女性や車の知識がない人には難しい

車一括査定の注意点や上手な断りかたをここまで紹介してきましたが、やはり高額査定を出してもらうのは、営業マンとある程度深い話ができるくらいの車の買取相場に関する知識と交渉力が必要になります。

そのため、車が苦手な女性や車の知識がない、もしくは興味がない人には少々難しいサービスというのが正直な結果です。私自身も何回か車一括査定を利用して店頭買取よりも10万円近く高い金額で売却に成功していますが、やはりそれもある程度、複数社で相見積もりをとって価格交渉した結果になります。

そのため、車一括査定がちょっと苦手だな〜という人にはガソリンスタンドや中古車買取店の店頭に持ち込んで、全国ネットのオークションにかけてくれるカーオークション代行サービスがあるので、そちらをお勧めしたいです。

交渉なし・勧誘なしで高値買取をしてもらうには持ち込み査定が良い

ガソリンスタンドや中古車買取店の店頭に持ち込んでオークションにかけてもらうサービスにはカープライスやユーカーパックという買取オークションサービスがあります。

買取オークションとは、店頭にある買取システムで全国の提携している中古車買取業者(海外ブローカー含む)がどんどん入札して買取額を高められるサービスです。
入札は15分程度ですし入札中は待っているだけでどんどん価格が高騰しますから交渉なしでも高額査定が期待できます

車一括査定とオークション形式の違い

車一括査定と買取オークションの違いは以下の通りです

  • 車一括査定は営業マンとの交渉、複数社で相見積もりして高額査定を狙う
  • 買取オークションは、車買取業者同士で入札を競り合い高額査定を狙う

自分から交渉して査定額を上げさせるか、オークションで入札してもらって待つかです。交渉に自信がないなら車買取オークションの方が高値買取が期待できるということなんです。

ユーカーパックは全国約2,000社の中古車販売店が加盟する自社クローズドオークションを運営する車買取サービスです。

最寄りの提携中古車店舗や、ガソリンスタンドで持ち込みするだけでOK。スマホやパソコンを見ながら多数の買取業者からの入札結果を見ながら金額が一覧で見てわかる!もちろん納得いかない場合はキャンセル時出品料無料のサービスです!

ユーカーパックの良いところは何と言っても、難しい交渉が必要なく入札状況によっては買取相場よりも高額査定が期待できることや、営業マンに買い叩かれる心配がないことです!その為、車一括査定とは違い車の知識がないかたや女性でも安心して売却することができます。

▼▼ユーカーパックの詳細情報はこちら▼▼
ユーカーパックの買取実績やオークション詳細はこちら

高く売却できる近隣店舗を探してくれる車一括査定もある

車一括査定といっても、最近ではスタッフが代行で近隣の車買取専門店の中で売りたい車が一番高い査定が出る店舗を探してくれる車一括査定もあります。

車査定・買取の窓口という車一括査定は、スタッフがあらかじめ一番高く売れる買取店だけを厳選して1社だけ紹介してくれるサービスです。

複数の車買取店との交渉に疲れてしまった。営業マンが何だかうざいけど、車一括査定を利用して高額査定が出るのはやっぱり魅力的…という方にはおすすめです!

WEBからの申し込みは従来の車一括査定と同じですが、紹介してくれるのは一番高く売れる1社だけ!私たちユーザーは1社のみと交渉・売買契約を進めることになるので車一括査定の高額査定が期待できるメリットがそのままに相見積もりをする必要や、面倒な電話対応が最小限で済むところです!

▼▼交渉は1社だけ!新登場の車一括査定の詳細はこちら▼▼
車査定・買取の窓口見積もりの詳細はこちら

電話なし!オンラインで近隣の車買取専門店が一覧表示

営業マンとの交渉はもちろん、面倒な電話やメールすらしたくない!そんな時は、一度オンラインでお住いの近隣にある車買取店で車がいくらになるかシミュレーションしてみるのもおすすめです!!

Ullo(ウーロ)という車査定サービスは電話が一切必要なく車の査定額を知ることができます。(※売買契約時には必要になります)WEB申し込み完了後、パソコンやスマホでオンライン上で最大10社までの査定額が翌日18時までに一覧で表示される査定サービスです!!

トヨタやホンダもオンライン車査定シミュレーションサービスを提供していますが、あくまでもざっくりとした買取相場が見れるだけですが、ウーロの査定は精度が高いのが特徴です!!

▼▼オンラインで翌日18時までに査定額が一覧でわかる▼▼
Ullo(ウーロ)いつのまにか査定の詳細はこちら 

関連記事

ローン中(残債)がある場合、車買い替えを可能にする方法と手順

車査定後の契約から引渡しまでの流れや期間はどれくらい?

中古車をオークション代行で購入するときのおすすめ優良店Best5

【車査定】アイコス(IQOS)を吸っていた車は喫煙車扱い?マイナス評価になる?

中古車の通販おすすめ4サイトを徹底比較!!

あまり乗らない車のエンジンをかける頻度は最低どれくらいが良いの?