コンパクトカーズ

程度の良いワンダーシビックの中古車がほしい!B16Aのブイテックスワップ車が狙い目な理由

※画像引用:ウィキペディアより

1980年代当時、国産スポーツコンパクトのなかでは最強で、走り屋の若者にとても人気があったワンダーシビック

なかでも、1.6LのDOHCエンジンを搭載した「Si」が最も人気のあるグレードでまだ交通規制が緩和状態だった時代に公道レースで最強を誇るコンパクトカーでした。

そんなワンダーシビックが最近、また20代男性に人気のホットハッチとして再沸騰してきています。でも、30年も前の旧車が今、探せば手に入るのでしょうか?

人気再沸騰の影響はなにわ友あれの影響が大きい

最近のワンダーシビックの人気の影響は、大阪環状族をテーマにした漫画「なにわ友あれ」がヒットした影響が大きいです。

作中の主人公の先輩、ヒロゼンというキャラクターの愛車として登場しますが、乗り手の男臭い魅力と、アンダーグラウンドな世界観がとても魅力的なんです。

実際に、オービスいっぱいの大阪環状線に今になって環状族が目立ちはじめた!という噂もあるくらいですから不思議ですよね~。

中古車はタマ数は少ないですが今でも買える!!


最近のワンダーは人気がありますが、中古車の絶対数は減少傾向です。旧車専門店で見つかったとしても程度が良いかどうかは運次第になることも・・・

ワンダーシビックは、2017年の現在でも中古車として購入できます。

さすがにタマ数が少ないので、旧車としてのプレミア価格がついているため100万円以上しますし、フルノーマルに近く純正部品が多いほど車両価格は高騰します。

コレクションや観賞用として保管するなら別ですが、走りを楽しみたいのであれば改造していたり、リプレイス品で作りなおされたもののほうが割安で買えるのでおすすめです。

中古車はフルレストア済みか、ボロキャブ車が多い


ワンダーシビックの中古車価格相場はいわゆるピンキリ。30万円~程度によっては100万円以上するものも・・・

現在、ワンダーシビックは旧車中の旧車。骨董品です。

この類のビンテージとも言えるモデルは、中古車でフルレストアのドノーマルか、現状渡しの今にもトラブりそうなボロキャブの程度の悪い改造車がほとんどです。

ちなみに、中古車で購入する場合は純粋に走りを楽しみたいなら私はどちらもおすすめしません。

理由は、フルレストア車の場合は走るよりも価値や現状維持を楽しむもので走って遊ぶものではないからです。また、販売価格も200万円近くするためコスパが悪くおすすめしません。

博物館などに寄付したり自宅の観賞用に保管するなら別ですが、フルノーマルの状態だとスポーツ走行も楽しめませんし、昭和の車の時代遅れな印象が前面に現れますのでダサいです。

現状渡しのボロキャブ改造車の場合は、まずすぐ故障する可能性がある、走行距離不明はあたりまえ。キャブ車なので調子が悪いと国道のど真ん中で止まってしまうことだって十分にありえるから危険すぎます。

しかも、改造車の場合は車検がそのまま通らないものや、モロに環状族仕様のゴリゴリのレース仕様でとてもじゃないですが、現代の公道で待ち乗りなんてできないものが多いです。

だから、私がワンダーシビックの中古車を買う場合はVTECエンジンに換装されたリメイク版ワンダーシビックを選ぶことをおすすめしています。

ブイテックエンジンに換装されているものがおすすめ!


カスタムセオリーとしては、邪道といわれがちですがやっぱり初めてのワンダーで、安心して全開で走れる中古車ならエンジン換装が良いと思います。

ワンダーシビックは、一部キャブ車があったりととても設計が古い車なので専門的なメンテナンス知識がないと維持することが難しいと思います。

ましてや30年前の車ですから、調子が良いエンジンを探すのが大変でせっかく買ってもハズレの車を引いてしまうとトラブル続きで運転することすらままならずに全然楽しめない事態が起こってしまいます。

そこで、おすすめしたいのが車体のオーバーホールついでに後継車のB16Aシビックからブイテックエンジンを換装してある中古車を選ぶのが長く乗るためのコツなんです。

もちろん、15年以上も前の車ですしコンパクトなボディーといっても1.6L(テンロク)のエンジンを換装するわけですからそのままポン付けとはいきません。

ワンダーシビックのコンパクトなボディーに、中型車に搭載されるエンジンを積むわけですからプロの技術が必要です。

できれば程度の良いワンダーシビックを買ってきてB16Aのエンジンに乗せかえるよりは、はじめから換装済み、公認済みの中古車を探すほうが手軽で安心です。

フルノーマルは買わないほうが良い

ちなみにワンダーシビックの走りを楽しみたい人は、最初から多少改造してあるものや、社外パーツで流用されている車両のほうがおすすめですし、格好良く仕上がっています。

なによりも、社外パーツで構成されている割合が多いほど車両価格は安くなりますから、純粋に乗ってみたい人は適度に社外パーツを使ったライトカスタム仕様からはじめられるのがおすすめです。

乗りながらカスタムを楽しもう!!


ワンダーは乗って自分に馴染む車です。ガンガン乗って自分だけのワンダーに仕上げるのも楽しみの一つです!!

ワンダーシビックはそのコンパクトな車体と軽量なボディから軽快で素直なハンドリングが楽しめるため自分の手足のように操れるすばらしい車です。

また、古きよきJTC(日本ツーリングカー選手権)を彷彿とさせるスパルタンな乗り心地は、現代のスポーツカーにはないストイックさを感じさせてくれます。

(※あえていえば、レーシングカートに乗っているかのような機敏な操作感)

もちろん、今でもヤフオクで部品が買えますし車高調など最新部品などコアなユーザーに向けてまだまだ販売され続けていますので、自分でイジりながら乗って違いを楽しむのもワンダーの魅力です。

ワンダーシビックの中古車がどこにも売ってない!!


良いワンダーが見つからない人は、プロに任せてしまうのもおすすめです。最近はなかなか見つからない希少車をネットで気軽に依頼できるサービスもあります。

ワンダーシビックは今でも販売されているものの、中古車検索などではなかなか見つけられなくてほしくてもメンテナンス状態の良いものが手に入りにくいです。

ヤフオクなど個人売買で手に入れる方法もありますが、それでも旧車なので現状渡しで落札するのは少々不安なのが難しいところです。

お気に入りの中古車を探すなら、スマホで気軽に検索!

中古車を探しているのだけど、情報誌やネット検索で調べてもどの車を選ベば良いのか分からない…

質の悪い中古車に当たっても嫌だし、やっぱり良質な中古車が欲しい。

中古車は新車とは違って、狙い目の中古車は店頭に並ぶとすぐに商談に入ったり、成約して売れてしまうこともしばしばあります。

店頭に残っている在庫車は質が悪いとは言いませんが、やっぱり予算内でできるだけ良い買い物がしたいものです。

そんな時におすすめしたいのが店頭に並ぶ前のまだネット公開されていないとっておきの最新中古車情報が配信される

ガリバークルマコネクトが便利です!

  • 中古車情報や店頭に出る前の非公開車両が探せる!
  • AI搭載の自動検索!LINEアプリ感覚で気軽にいつでも利用できる
  • 営業電話や店頭への来店が面倒な人にも安心!
  • どんな車が欲しいか決まってなくてもじっくり探せる!
  • カーローンの仮審査シミュレーションもOK!

▼▼AIロボットが自動回答!非公開車両がチェックできる!▼▼
AI搭載無料チャット機能の詳細はこちら

関連記事

【東京都】中古車オークション代行おすすめ優良店ベスト5

アクア中古車を探す!予算100万円で質の高い車両を見つける方法

ヤフオクの中古車購入・落札代行はある?手数料や名義変更を簡単にしたい

MT車が希少すぎる!フィットハイブリッドRSの極上中古車を探し出す方法

アクアの中古車を買うなら3年落ちが狙い目なんです!

休日の峠走行も楽しめる!ナンバー付きコンパクトカーで速い車「ホットハッチ」の選び...