マツダ・デミオとCX-3ってどっちが買い!?実際の違いとメリット・デメリットを徹底比較!!

クリーンディーゼルで人気のコンパクトカー、マツダ・デミオ

コンパクトSUVで評判の良いCX-3

外観もどことなく同じようで、エンジンも同じ排気量のディーゼルターボなのではっきり言ってタイヤの違い以外は比較してもイマイチ明確にわからないかた多いのではないでしょうか?

デミオとCX-3はに同じようでも、全く異なるコンセプトで販売されている車種ですから、あなたにぴったりなのはどっちか?

デミオとCX-3の違いや、メリット・デメリットを細かく解説していますのであなたにピッタリ合った車はどっちが良いか?選ぶときの参考になればと思います。

デミオとCX-3が同じに見えるにはマツダのデザインコンセプト『魂動』の影響が大きい

デミオとCX-3にはマツダのデザイン・コンセプト『魂動』(こどう)が採用されています。魂動は躍動感のある流れるようなデザインをテーマに車種ごとにコンセプトを分けています。

デミオとCX-3も流れるような流線型のスタイルが同じで、フロントマスクについても顔が似ているといわれるようにわりと近いものになっています。

外装は圧倒的にカッコ良い顔!!コンパクトカークラスでは再現できない高級感はデミオ・CX-3の共通点


マツダ車マニアさん
現行デミオやCX-3に採用されている魂動のスタイリングって、本当コンパクトカーとは思えない!高級セダンとかのイメージがあります。

これだけでも、買いですよね!!

 

マツダの特徴でもある日本車離れしたフロントマスクはデミオ・CX-3ともにコンパクトカークラスとは思えない高級感のあるデザインと機能性を装備しています。

特にデミオのライバル車種のヴィッツや、フィットと比較してもワンランク上の高級感と質感を感じることができます。

ただ、なかにはこのデザインがブタの鼻みたいで嫌いだ!というかたもいらっしゃるのも事実なので他社のコンパクトカーと比較して気に入ったほうを選びましょう。顔つきの好みで選ぶのもありだと思います。

レザー調で統一感のある内装はデミオとCX-3ともに上質

ダッシュボードはセンターコンソールまで一直線に統一感のあるデザインが特徴です。デミオ・CX-3ともに採用されているデザインです。

とにかくシンプルでいて高級な質感が非常に好印象な内装ですが、最近のマツダ車を購入されるきっかけはこの内装が気に入って乗りかえれられるというかたも多いです。

また、以前まで不具合が多くナビ操作性も複雑で最悪だったと不評だったマツダコネクトシステムも大幅に改良されて、i-phone並の直感性と操作性のよさと、ディーラーで更新さえすれば無料でいつも最新のデータを利用できるのがとても良いです。


2017年、エコカー減税改正後もクリーンディーゼル車は免税対象維持はかなりアツい!!

マツダ独自のクリーンディーゼル車は2017年後のエコカー減税改正後は100パーセント免税対象になります。残念ながらクリーンディーゼル補助金は半額に減額になってしまいましたが、なんだかんだで免税対象はかなり大きいメリットです。

デミオに関してはガソリン車の13C、13S以外のグレードが対象。CX-3に関しては全グレードがクリーンディーゼル車なので免税になります。

デミオほしいA美さん
税金ってやっぱり支払いが発生するだけで結局なにも残らないから減税されるなら何でもやっておいたほうが良いと思います。

クリーンディーゼル車は2017年のエコカー減税改正で厳しくなった減税率のなかでも100%免税になるのはうれしいです。

※デミオのエコカー減税、免税対象グレード一覧

グレード 取得税減税額 重量税減税額 エコカー減税優遇総額
XD 44,500円免税 22,500円免税 67,000円優遇
XDツーリング(2WD) 49,100円免税 22,500円免税 71,600円優遇
XDツーリング(4WD) 54,200円免税 22,500円免税 76,700円優遇
XDツーリングLパッケージ(2WD) 50,400円免税 22,500円免税 72,900円優遇
XDツーリングLパッケージ(4WD) 55,600円免税 22,500円免税 78,100円優遇
XDテーラードブラウン(2WD) 49,900円免税 22,500円免税 72,400円優遇
XDテーラードブラウン(4WD) 55,000円免税 22,500円免税 77,500円優遇

+クリーンディーゼル補助金10,000円~50,000円が補助されます。

 

※CX-3のエコカー減税、免税対象グレード一覧

グレード 取得税減税額 重量税減税額 エコカー減税優遇総額
XD(2WD) 59,400円免税 22,500円免税 81,900円優遇
XD(4WD) 65,000円免税 22,500円免税 87,500円優遇
XDプロアクティブ(2WD) 64,800円免税 22,500円免税 87,300円優遇
XDプロアクティブ(4WD) 70,400円免税 22,500円免税 92,900円優遇
XD Lパッケージ(2WD) 70,200円免税 22,500円免税 92,700円優遇
XD Lパッケージ(4WD) 75,800円免税 22,500円免税 98,300円優遇
XDノーブルブラウン(2WD) 71,000円免税 22,500円免税 93,500円優遇
XDノーブルブラウン(4WD) 76,600円免税 22,500円免税 99,100円優遇

+クリーンディーゼル補助金20,000円~70,000円が補助されます。

走行性能やトルク感は比較するとどう?

エンジン特性 デミオ CX-3
エンジン型式 SKYACTIV-D 1.5 SKYACTIV-D 1.5
排気量(cc) 1,498cc 1,498cc
最高出力(kW<PS>/rpm) 77〈105〉/4,000rpm 77〈105〉/4,000rpm
最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm) 250〈25.5〉/1,500-2,500rpm 270〈27.5〉/1,600-2,500rpm
SKYACTIV-DRIVE
JC08モード燃費(km/L) 26.4 23.0
CX-3大好きBさん
この前、クリーンディーゼルのCX-3はじめて試乗してきたんだけどよ~。まじでびびったぜ!

ほんとにディーゼル車かよって思えるような吹けあがりと、スムーズなレスポンス。ありゃ1回乗ったらやみつきだぜホント。

デミオと、CX-3は水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ、簡単にいうとディーゼルターボですね。同じエンジンを搭載しています。

車重がCX-3のほうが重いですし、車格も違うので、若干のトルク特性に違いはあるものの走行性能や加速感などはあまり変わりません

デミオのほうが軽い分、燃費も良いのでコスパに優れています

ちなみにディーゼルターボの加速力とトルク感には注目です。軽油で走るディーゼル車といえば低速トルクこそあるものの、加速力や中・高回転域のエンジンの伸びがイマイチで体感で速いとはいえないイメージがあります。

クリーンディーゼルターボの新型車両はディーゼルのデメリットを払拭。ガソリン車のスムーズな出力特性とほぼ変わらない乗り味を感じられます。

車内の広さを比較してみる

デミオよりも一回り広い車内が期待できそうなCX-3。

コンパクトカーとはいってもSUVタイプだし後部座席も広いよね。

と思いがちですが実際の車内の広さはあまり変わりません

デミオの短所ともいえる後部座席の狭さは、CX-3も同じで乗れないことはないですが天井も低く窮屈さを感じる車内です。その差コブシ一つ分にも満たない程度です。

ちなみにデミオとCX-3の後部座席に乗った感じの違いもありませんし、内装デザインが似ているので本当に同じ車のようです。

安全装備の違いはあるの?

安全装備 デミオ CX-3
スカイアクティブボディ
SRSカーテンエアバック&フロントサイドエアバック
頸部衝撃緩和フロントシート
リアシートISOFIX対応チャイルドシート固定ロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジ
エマージェンシー・シグナル・システム(ESS)
ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)
アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
車線逸脱警報システム(LDWS)
ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
AT誤発進抑制制御
荷物侵入抑制機構リアシート ×

マツダのプロアクティブセーフティと呼ばれるスカイアクティブボディの高剛性な物理的衝撃からドライバーを守る安全性と、i-アクティブセンスのよる人も検知が可能なセンシング技術で、コンパクトカーとしては非常に安全性が高いデミオとCX-3ですが、

安全装備については、ほぼ同じと考えてよいと思います。ちなみにあえて違うところを説明すると、荷物侵入抑制機構リアシートがデミオは付いていない、CX-3には付いているという違いのみです。

ラゲッジスペースに積んだ荷物が、事故や急ブレーキをかけたときに、後部座席にぶつかって怪我をする危険性を防ぐための安全装備です。

主要な安全装備は基本的にデミオも装備されていますので、車格の大小の違いはあるかと思いますが、それ以外で安全面の違いはないです。

やっぱり車両価格に大きな差がある

グレード デミオ CX-3 差額
XD(2WD) 1,782,000円 2,376,000円 594,000円
XD(4WD) 1,976,400円 2,592,000円 615,600円
XDプロアクティブ(2WD) 2,592,000円
XDプロアクティブ(4WD) 2,818,000円
XD Lパッケージ(2WD) 2,019,600円 2,808,000円 738,400円
XD Lパッケージ(4WD) 2,214,000円 3,024,000円 810,600円
XDテーラードブラウン(デミオ・2WD)

XDノーブルブラウン(CX-3・2WD)

1,998,000円 2,840,400円 842,400円
XDテーラードブラウン(デミオ・4WD)

XDノーブルブラウン(CX-3・4WD)

2,203,200円 2,602,000円 398,800円

マツダ・デミオとCX-3の決定的な違いはやはり車両価格の差です。

性能的にはほぼ同じ2車種ですが、コンパクトカーとSUVのボディタイプの違いなのか、生産台数のコスト面の影響なのかはわかりませんが、デミオのほうが40万円~80万円近く安いことが分かりますよね。

デミオは完全にコスパ重視のコンセプトだということがよくわかる結果でした。

 

デミオの特徴

デミオのメリット

  • 200万円以下で買えるコンパクトカーのなかで一番おすすめ
  • ディーゼルターボの太いトルクと、加速フィールはドライブにもおすすめ
  • 先進の安全装備が標準装備でついてくる
  • リセールバリュー(買取価値)を考えるならXDがおすすめ

コンパクトカーはどちらかというと、居住性やラゲッジスペースの広さなどを気にすることが多いですが、ディーゼルターボのデミオは走行性能や、内装の上質な感じ、スポーティーで軽快な操作感を重視して買う人が多いです。

また、マイナーチェンジが終わったばかりなので当分はフルモデルチェンジをしないので今まさに狙い目の乗り換え時期です。

デミオのデメリット

  • ディーゼル特有のノイズと振動が気になる。試乗は必ずすること
  • 見た目の通り、後部座席が少し窮屈

新型デミオのデメリットはなんといっても車内が狭くて窮屈なことです。とくに大柄な人が後部座席に座ると膝や、頭が天井やシートを当たることもあるかもしれません。

どちらかというと、リーズナブルながら内装の質を重視したプレミアムコンパクト的な位置づけなのかもしれません。

CX-3の特徴

CX-3のメリット

  • 欧州車譲りのデザインと内装の質は最高。ライバル車のヴェゼルより高級感がある
  • コンパクトSUVのなかでは一番安全装備が充実している
  • 自動ブレーキは人も検知します

全グレードがディーゼルエンジンの設定で、自動ブレーキが全車標準装備なので安全性ではとてもおすすめ。

高級な質感で車全体に密度感があって、完成された高級車に乗っている実感がわきます。ライバル車のヴェゼルやエクストレイルとは路線の違うプレミアム指向のSUVは走行時の安定性も操作性の良さは乗った瞬間に違いがわかります。

CX-3のデメリット

  • SUVなのにアウトドアには不向き、車内は狭くて窮屈に感じることもあるので積載性を重視するならおすすめできない
  • 後方視界が若干見にくい

CX-3でやっぱり気になるのは、SUVなのに車内が狭いことですよね。コンパクトカーのデミオとあまり変わらないくらいですから、居住性や積載性でSUVを購入するならCX-3はおすすめしません。

デミオと同様に各部が上質に仕上がっているプレミアム感を実感したい場合は選んで間違いないと思います。

コスパ重視のデミオとデザイン・趣向性重視のCX-3。どっちも良い!!

いかがでしたでしょうか?デミオとCX-3の違いがなんとなく掴めてきたでしょうか。

デミオはコスパ重視の200万円前後で買えるプレミアムコンパクト

CX-3は、デザイン・趣向性を重視したいかたにはとてもおすすめ

車選びって、実際コスパだけで決まるものでもありませんし好みにもよりますから一概にはいえませんが、高品質なコンパクトカーを安く乗りたいのであればデミオがおすすめ

車そのもののスタイリングが好きでCX-3が気に入ってしまった!一目惚れ!!

というかたは、やっぱりCX-3で決めてしまうのが良いと思います。

どちらも、今が一番買い時の売れ筋コンパクトカーなので是非ゲットしてカーライフ楽しんでくたさいね!!

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の下取り価格は業者によって大きく査定額が変わるんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

もしかするとその下取り価格、安く買い叩かれてしまう場合があります。

車屋さんの心情は安く買い取って、次のオーナーに販売して利益率を上げたいのはどこも一緒なんです。

そこで、複数の買取点で競合させて一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

ちなみに、私が新しい車に乗り換える際、
前に乗っていたコンパクトカーの下取り査定は

車買取の一括査定を利用することで、こんなに違いました!!

【平成25年式 マツダ・デミオの場合】


※写真はイメージです


新しい車購入時の下取り:46万円

地域の車屋の通常買取 :38万円
オークション出品代行 :55万円

買取業者の複数一括査定:61万円

以前に私の所有していた車を参考にしましたが、
車購入時の下取り査定と、一括査定との差額は15万円にもなります!

まずは、査定の相場価格を知るためにも、一括査定でどれくらいの金額が出るのかを知ることで損しない乗り換えをすることができます。

私が実際に高額査定が期待できる買取店を用途別で厳選しておすすめ3社をピックアップしました!ぜひ、ご覧になってみてくださいね!!

(1)最高額で売るならかんたん査定ガイドがおすすめ!

ガリバーやビックモーターを始めお住いの最寄り車買取専門店複数社で相見積もりをとることができる車一括査定です!

同時立ち会い査定することで、買取価格を競り合わせることができるので相場以上の買取額が期待できます!また、かんたん査定ガイドはJADRIに加入している(適正な査定額を出せる優良店のみが加入できる連盟)店舗のみを厳正しているので信頼性が高いです。


注目ポイントは、申し込み時すぐにネットで買取概算価格が表示されるのはここだけ!!とにかく高く売りたい!ガンガン行きたい自信があるかたにおすすめ!

▼▼最高額で車を売りたいならやっぱり一括査定!▼▼
すぐに概算価格をチェック!かんたん車査定ガイド

(2)交渉なしでも高額査定が期待できる!車買取オークション・ユーカーパック

最寄りの提携ガソリンスタンドに持ち込みして、中古車販売店や国内外の車輸出業者のみ限定の約2,000社が参加するクローズドオークションに出品してくれるユーカーパック 

入札結果はスマホやパソコンを見ながら多数の買取業者から入札されて金額が一覧で見てわかる!もちろん納得いかない場合はキャンセル時出品料無料のサービスです。


ユーカーパックのメリットは何と言っても交渉の必要がなく、買い叩かれる心配がないことです。初心者や車の知識がない女性の方に特におすすめです!!

▼▼まずは最寄り店舗と詳細内容の確認はこちらから▼▼
ユーカーパックの最寄り店の詳細はこちら

(3)ネットで査定額を一覧で知りたいならUllo(ウーロ)

ネットやパソコンで査定額を一覧で知りたいならUllo(ウーロ)がおすすめ!いつのまにか査定が出てパソコンやスマホで確認が可能!

サクッと簡単操作だけでオンライン上で査定額がわかる!実績豊富で高額査定も期待できます。電話やメールのやりとりが不要!気軽に空いた時間に簡単に車の査定額が知りたいかたにとても人気です!!


オンラインで査定額を一覧見たい!最大10社の査定結果が翌日18時までに一覧で届きます!余計な営業もなく安心して利用可能!

▼▼最大10社!翌日18時までは査定結果が出る▼▼
Ullo(ウーロ)オンライン査定詳細はこちら

関連記事

ホンダ・フィット13Gが買取査定で最高額89万円で売れた方法

コンパクトカーの維持費相場とすぐできる節約法

トヨタの中古車下取りシミュレーションはホンダ車でも参考価格がわかる?

車買取専門店で売るvsカーオークション代行で出品どっちが高く売れるか徹底比較!!

マツダ・デミオなどがリコール!?運転席シート不具合の危険性について超わかりやすく...

【車売却】なぜ車を買った店で売るのが高く売れるのか?メリットと買取相場を解説しま...