コンパクトカーズ

ラパンとトコットの安全装備を比較!初心者女性におすすめはどっち?


ダイハツ・トコットとスズキ・ラパンどっちの安全装備がおすすめなのかな?

シンプルで飽きがこないデザインのトコット、可愛いデザインで初心者の女性に人気のラパン。コンパクトハッチの軽自動車を新車で購入検討されていると比較したい車種同士ですよね。

実際運転するなら、安心して乗れるように安全性が高い安全装備が付いている車を選びたいところです。今回は、ダイハツ・トコットとスズキ・ラパンどっちが安全性が高いか比較してみたいと思います!!

人感知機能があるトコットが安心

まず、安全性能を比較する上で一番注目したいところはカメラ性能です。

トコットは人を感知できますが、ラパンは人の検知ができません。これは本当は重要視したいところ。もしもの人身事故を起こした場合、相手を大怪我させてしまった場合は保険で済ませるどころの話ではありませんので十分注意しておきたいところです。

実際、人検知ができる安全装備があったおかげで年間でかなりの件数の事故防止ができることは知っておきましょう。

トコットは、シンプルな外観ながらスマートアシスト3というダイハツの最新技術が付いていますので安心を買うという意味でも注目したいポイントです!!

衝突安全ボディーは両車に標準装備

ダイハツ・トコットには衝突安全ボディTAF、スズキ・ラパンにはTECTが採用されています。どちらもフレームが小さく安全性に不安を持ってしまいがちな軽自動車ながらドライバーの高い保護性能を持っています。

衝突安全性・ボディー剛性についてはトコットとラパンは互角といったところですがエアバックに大きな違いがあります。次に見てみましょう!

エアバックの設置数が違う

ラパンはエアバックの搭載数が運転席と助手席の2箇所(デュアルエアバッグ)のみです。

これに対してトコットは、デュアルエアバッグの他、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが両サイドに設置されていて計6箇所付いています。

これにより、横からの追突事故や横転時の怪我や窓ガラスの破損等による被害を大きく軽減してくれます。本来、軽自動車はコンパクトカーや普通自動車と比べてドアや側面のフレームが薄いです。また車内空間も狭いため横からの事故の危険度は大きいので注意したい部分でもありますよね!

その他、予防安全機能についてはどう?

次に走行時の予防安全性能について比較してみたいと思います!こちらもトコットとラパンには大きな違いがありますので合わせてチェックしてみましょう!!

予防安全性能の評価機関の結果はどう?

自動車にはJNCAPという予防安全性能の評価機関があります。ラパンに関してはトコットよりも劣るものの総合評価としては最高評価のASV+を取得しているため数ある軽自動車の中では安全性の高い車ということがわかります。

これに対してトコットの場合は、まだ発売直後ということもあり評価実施されていません。ただ、ラパンよりも圧倒的に高い安全機能を持っているので、最高評価になることは間違いないと見て良いと思います!!

自動ブレーキ性能がかなり違う

ラパンに関しては警告と、衝突直前のサポートブレーキのみとなりトコットと比較して機能としては若干古いです。それに対しトコットのスマートアシスト3の機能として自動でブレーキの強さを調整して止める機能がありより制動力が高いです。

どれくらい作動条件に違いがあるかというと

  • ラパンは時速5km/h~30km/hの速度で走行している場合
  • トコットは時速4k〜100km/hの速度で走行している場合

また、トコットは50km/hまでは人も検知するのでその安全性の差は歴然として違い高性能ということがわかりますね。

車庫入れには両車違った安全性能がある!

ラパンには全方位モニターといって車の前後左右がモニターで確認できる機能がありますので、車庫入れの特にとても便利です。

これに対してトコットは、全方位モニターこそないもののバックでの車庫入れ時に便利な後部センサーが付いています。またこれに連動して初心者にありがちな急発進を抑制する自動ブレーキ機能もついていますのでこちらも安心感があります。

どちらも便利な機能ですが、ラパンの場合は視認サポート。トコットはブレーキサポートと少し違いがあります。どちらが良いかは好みによりますので実際に試乗されて確認されるのが良いです!

【総評】安全性能で選ぶなら圧倒的にトコットがおすすめ

如何でしたでしょうか?トコットとラパンの安全性能を順番に見ていくとかなりの違いがあることが分かります。

結論としては、やはり安全面で選ばれる場合は新型車種のトコットが断然おすすめになります!ぜひ、新車購入時の参考にしてみたくださいね!!

ちょっと待って!!その下取り価格適正ですか?

新しい車に乗り換えるなら、できるだけお得に良い車を買いたいですよね。

購入の際に値切るのもありですが、意外と見落としがちなのが車の査定額や下取り価格は業者によって大きく査定額が変わることなんです!!

探している車を見に行って、お店の営業マンに
この車に決めてくれるなら、下取り価格も頑張りますよ~

と言われて、提示された下取り価格。
何も知らずにそのまま売ってしまうのはもったいないです!

車の査定額は買取店によって大きな価格差があるのです!!

車屋さんにも高額で買取可能な車種や、都合やタイミングによっても欲しい車が違いますから査定額は業者によって異なります。

そこで、複数の買取店で査定額を比較して一番高い査定が出たところで売ることで初めて適正な買取価格が出ます!!

【マツダ・デミオ13Cスマートエディションの場合】

  • 平成28年式
  • 走行距離14,034km
  • カラー紺色
  • 機関良好・修復歴なし・細かい洗車傷あり
  • ディーラー購入・点検整備記録付き


新しい車購入時の下取り:88万円

地域の車屋の通常買取 :51万円
オークション出品代行 :114万円

買取業者の複数一括査定:126万円

車購入時の下取り査定と、最高額との差額が38万円にもなることも!

※あくまでも参考価格です。車種や条件、地域によって異なります

まずは、査定の相場価格を知るためにも、車一括査定を利用して車買取店ごとに査定額を比較することでどれくらいの金額が出るのかを知ることが大切!

損しない乗り換えをすることができます。

私が実際に高額査定が期待できる車買取を用途別で厳選しておすすめ3社をピックアップしました!ぜひ、ご覧になってみてくださいね!!

(1)最高額で売るならかんたん査定ガイドがおすすめ!

ガリバーやビックモーターを始めお住いの最寄り車買取専門店複数社で相見積もりをとることができる車一括査定です!

同時立ち会い査定することで、買取価格を競り合わせることができるので相場以上の買取額が期待できます!また、かんたん査定ガイドはJADRIに加入している(適正な査定額を出せる優良店のみが加入できる連盟)店舗のみを厳正しているので信頼性が高いです。



注目ポイントは、申し込み時すぐにネットで買取概算価格が表示されるのはここだけ!!とにかく高く売りたい!ガンガン行きたい自信があるかたにおすすめ!

▼▼最高額で車を売りたいならやっぱり一括査定!▼▼
すぐに概算価格をチェック!かんたん車査定ガイド

(2)交渉なしでも高額査定が期待できる!車買取オークション・ユーカーパック

最寄りの提携ガソリンスタンドに持ち込みして、中古車販売店や国内外の車輸出業者のみ限定の約2,000社が参加するクローズドオークションに出品してくれるユーカーパック 

入札結果はスマホやパソコンを見ながら多数の買取業者から入札されて金額が一覧で見てわかる!もちろん納得いかない場合はキャンセル時出品料無料のサービスです。



ユーカーパックのメリットは何と言っても交渉の必要がなく、買い叩かれる心配がないことです。初心者や車の知識がない女性の方に特におすすめです!!

▼▼まずは最寄り店舗と詳細内容の確認はこちらから▼▼
ユーカーパックの最寄り店の詳細はこちら

(3)ネットで査定額を一覧で知りたいならUllo(ウーロ)

ネットやパソコンで査定額を一覧で知りたいならUllo(ウーロ)がおすすめ!いつのまにか査定が出てパソコンやスマホで確認が可能!

サクッと簡単操作だけでオンライン上で査定額がわかる!実績豊富で高額査定も期待できます。電話やメールのやりとりが不要!気軽に空いた時間に簡単に車の査定額が知りたいかたにとても人気です!!



オンラインで査定額を一覧見たい!最大10社の査定結果が翌日18時までに一覧で届きます!余計な営業もなく安心して利用可能!

▼▼最大10社!翌日18時までは査定結果が出る▼▼
Ullo(ウーロ)オンライン査定詳細はこちら

関連記事

トヨタの中古車下取りシミュレーションはホンダ車でも参考価格がわかる?

新車購入時ディーラーオプションとメーカーオプションの違いは?後付けは可能なのかを...

匿名でできる車査定シミュレーションの参考価格はどこまで表示される?

【車売却】なぜ車を買った店で売るのが高く売れるのか?メリットと買取相場を解説しま...

3年ごとに新車に乗り換える場合と、乗り潰す場合をコスパ比較してみました!

車査定シミュレーションを比較!下取りでおすすめしたい優良9社ランキング